減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手術が明後日なので
熱があっても受けられるか聞いてみました。


 37.5℃以上ですと
 受けれない可能性があります。


とのお返事でした。


理由がわからないので聞いていました。


 37.5℃以上だと
 大分身体がつらくなるからです。
 体力的にも。。


とのことでした。


すでに風邪の高熱なんかよりも
体力消耗の激しい持病ですから
理由になってませんが。。


風邪の方がよほど楽です。


どう解釈すればいいのでしょう。


それよりも
この感染症の原因菌の方が心配です。


前の記事に書きましたように
緑膿菌の可能性があって
抗生剤が効いてないことを考えると
耐性菌の緑膿菌はとてもやっかいなのですが

それが術後の傷に感染しないかどうかです。


かなり強力な抗生剤が必要なのですが
たぶんこのままだと
術後に使う普通の抗生剤でしょうね、。


病院任せでは本当に危険です。
スポンサーサイト


この間の腎盂腎炎ですが、

尿道憩室という稀なものがあって
それが免疫力低下で感染したようです。

*稀なものばかりで本当にこまります。


確か9月に腫れて
10月に腎盂腎炎になって
クラビット7日飲んでも憩室の腫れと
足の付け根のリンパは痛んで腫れたままで
その10日後くらいに
急に緑膿菌色の混濁尿、
それが出た後は白血球によるような白濁尿で
その日から急に憩室は小さくなりました。

なので安心していたのですが
今日はなぜか白濁尿で
今熱が37.4℃くらいあります。

クランベリーの量を減らして2日、
これが原因でしょうか?

風邪でも37.2がMAXだったので
ちょっと高めです。


このまま明後日手術できるのかどうかです。

とにかく憩室の感染を治してしまわないとです。

喉も若干痛いので
風邪かもしれませんが

どちらにしても免疫力下がりすぎで
感染症が続いています。

8月末の風邪は1ヶ月半くらい長引きました。



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。