減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード



血液型が変わってしまったこと
遺伝子検査をしても
親の血液型とわたしが現在B型であること
それしかわからずでした。

もうこれ以上は調べようがありません。

運が悪く3回とも間違えだったんでしょうかね?
赤十字でも検査したのに(^^;


さてさて、それはさておき。


来週、原因不明の副腎不全で入院検査を
1週間~10日することになりました。


横浜の病院では内分泌代謝は専門ではなく
新橋にある大学病院に紹介状を書いてもらい
検査入院することになったわけです。


大学病院では
前の病院の薬の出し方もだめ。
検査の仕方も
こんなので何がわかるんだ!


みたいな反応でした、、、


はじめて内分泌代謝の検査
ちゃんとしてくれた先生なので
悪く言わないでね☆


と、ちょっと心に思いながら


でも、ちゃんと検査してくれそうなので
安心しました。


前の先生もそうでしたが
今回の大学病院でも
喘息用の吸入ステロイドが
副腎不全の原因かもと言います。


先生は1週間~1ヶ月
薬をやめれば回復するというので


薬をやめたんですよ。
入院検査の1ヶ月以上前から。


ですが、未だに体調不良です、、、


化学物質過敏症もあるので
どちらが原因で体調悪いのか
わかりませんが。。。


疲労しやすいのはステロイドのせいかな?


と、疑問のままです。


ところが


喘息の病院では
わたしが吸入していたステロイドの量は適正で
何十年見てきてるがたった1年、わたしの吸入量で
副腎不全になった人はいないと断言されました。


そうですよね。。。


だって、妊娠してるときに
身体に負荷かからないようにって
出された薬ですから。


うーん?


内分泌代謝の先生と喘息の先生の
言い分は違いますが


それはもしかしたら
やはりわたしが
化学物質過敏症のせいかもしれませんね。


普通の人なら平気な化学物質でも
わたしたち化学物質過敏症の人は
1000~1000000分の1の量で
ダメージを受けます。


また、言い換えれば
化学物質が身体にたまりやすく
それだけ体内から出て行かないので
症状が出たりするわけです。


吸入ステロイドも
身体にたまる一方で
症状が出てしまったのかもしれませんね。


でも、ちょっとまって?


吸入ステロイド使う前から
もう10年以上前から症状出てるんですけど??


そう、大学病院の先生に聞くと
吸入ステロイド以外にも
アレルギーの薬や
花粉症などで
鼻にスプレーするタイプのものにも
ステロイドが入っているそうです。


確かに。。
鼻にスプレーするタイプは
花粉症で時々ですが使っていました。


もちろん、適正量使用です。


すると!


化学物質過敏症の人は
花粉症などステロイドが入っている
アレルギーの薬は
適正量でも使えない事になりますよね(T-T)


実は
個人でアンケート取り続けてるのですが
現在14名中14人の化学物質過敏症の方
みなさん花粉症やら何かしらのアレルギーを持っています。


なので。。。。


化学物質過敏症の皆さん!
気をつけてくださいね!!


何気なく使っている
アレルギーの薬にステロイドが入ってないか
調べてください。


入っていたら
使用しない方が。。。。


とはいえ。
本当にそれが原因かも
未だにわからないので
入院検査後、またご連絡いたしますね☆






スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog