減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード




薬物代謝酵素のCYP1A1について

(追ってわかったことがあれば書き直し&更新予定です。)


<CYP1A1>

 ●どこに存在?

  肺、腎臓、消化器官、皮膚、胎盤、リンパ球

 ●何を代謝するの?

  環境汚染物質など(えらいザックリですが。。)
  
 ●基質=具体的に代謝されるものは?

  ベンゾピレン(酸化して代謝)
   体系名=ベンゾ[α]ピレン

140217-1.gif

↑画像は独立行政法人科学技術振興機構より
 許可頂きました。便利^^


  ・ベンゾピレンとは

   ベンゼン環が5つ結合した方向族炭化水素。
   発ガン性のある環境汚染物質。
   ホルモン作用もあり。

  ・身の回りのベンゾピレン

   ディーゼルエンジンの排ガス
   食べ物の焦げ
   タバコの煙

  ・ベンゾピレンを代謝するCYP以外の酵素

   ラット、マウスの場合
   二十数種の物質が見出されている。
   典型的にはエポキシ化、ジヒドロジオール体化、
   グルタチオン抱合をうける。
   生じたフェノール体は硫酸抱合、
   グルクロン酸抱合をうける。

    ↑神奈川県環境化学センターより

  ・代謝の具体的経路

   本物質の代謝はチトクローム P-450(CYP1A1)を介し、
   1,2-、2,3-、4,5-、7,8-、9,10-位が酸化されてエポキシ体、
   6-位が水酸化されてフェノール体となり、
   フェノール体はキノン 体、ヒドロキノン体へと代謝されて
   活性酸素を放出し、さらにグルクロン酸抱合や硫酸抱合も受ける。
   エポキシ体はジオール体やジオールエポキシ体、
   フェノール体、トリオール体などに 代謝され、
   ジオールエポキシ体はさらにテトロール体に代謝され、
   ジオール体やフェノール体 ではグルクロン酸抱合や硫酸抱合、
   エポキシ体やジオールエポキシ体ではグルタチオン抱合も受ける。
   このうち、ジオールエポキシ体の BPDE は最も反応性が高く、
   究極発がん物質とされ ており 、遺伝子レベルの検討で
   ヒトの肺がんとの直接的な因果関係を示す結果が報告され ている。

    ↑環境省 ベンゾ[α]ピレン 7〜8pより

   
  ・わたしの意見^^;

   やっぱりというか当たり前というか
   代謝の副生成物も代謝酵素が必要で
   多くの代謝酵素が関わっていますね^^;

   究極の発癌物質って^^;
   グルタチオン、処方してもらってよかった>。<;
   CYP1A1やその他代謝酵素で
   きちんと代謝されていたらの話ですが^^;

   煙やタバコや排気ガスに弱い
   化学物質過敏症。。
   もしかしたらCYP1A1自体が少なくて
   代謝出来ていない場合も??
   
   その場合、どうなるのー?>。<??
 
   代謝出来ないから究極の発癌物質まで
   代謝されないのかもー?で
   ラッキー??^0^??

   いえ、だから、ベンゾピレンが代謝されなくて
   身体に蓄積されたら??


   1つの物質でこのありさまかあ。。

   先はまだまだ長いなー>。<;


  ・その後気づいたこと(2014/2/18)

   wikiの シトクロムP450

   によると

   CYP1ファミリーは芳香族炭化水素受容体
   
   が関与しているということです。

   これを読む限り、ダイオキシン類も
   代謝に関わりそうです。

   代謝しにくいとは書いてありますが^^;

   今日は排気ガスで呼吸が苦しいです。

   先日の雪かきで
   ウッカリ簡易マスクしかしてなくて>。<;

   ひさびさだな、この息苦しさ、、

   これくらいの呼吸困難のときは
   喘息の病院で酸素吸入させてもらっていました。

   当時の家より空気がキレイな場所に引越したら
   1年くらいで呼吸が楽になってきたんですが
   排気ガス避けてくらしても
   元に戻のにまた1年かかっちゃうのかなー>。<?

   たった1日の排気ガスで;0;、、

   これが肺にリガンドするダイオキシンなどのせいですか?

   リガンドってなんやねーん>。<☆
   (使い方まちがってるかも^0^”)

   代謝しにくい上に代謝酵素もなかったら
   細胞自体が代謝(入れ替わらないと)しないと
   ですもんね?

   肺の細胞って1年で入れ替わるのかな?

   人体の細胞の多くは2年で入れ替わるってきいたけど^^;

   大事な細胞は早いのだろうか〜?

   という疑問はまた別の日に勉強します。

   今日は安静にしています^^、、



   





 
         

スポンサーサイト
化学物質過敏症の患者さんは
もしかしたら薬物代謝酵素がない!?

という記事はいろいろ書いて来ました^^


それは化学物質過敏症(CS)の
カナダでの研究(CS患者に有機リン系薬物代謝酵素がなかった!)
や、北里研究所でのCS患者とグルタチオンの研究報告所など☆

なるほどと思い当たることばかりです^^


では、具体的に
足りない薬物代謝酵素を摂取したらどうなるのか!?


わたしはK大学病院の漢方科で
化学物質過敏症対策に
グルタチオンを処方していただきました^^


CYP系より反応の早いグルタチオン。


ニオイへの過敏性は低くなったものの
グルタチオン以外のCYP系で代謝されるべき物質が
代謝されないので遅発して症状は起こりました。
(瞬間てきな過敏性以外は相変わらず起こりますが
 症状は若干軽いです。)


具体的に言うと
タバコを嗅いでもすぐ頭痛などはしなくなりましたが
後、以前同様
動悸や呼吸器系の症状は夜中に現れたりです。

芳香剤系には強くなったけれど
アルコール分解後のような症状も。


なにがいいたいのかといいますと☆


グルタチオンのみでは
CSは治らなかったのです^^;


グルタチオンを飲んでから
CS発症時の状態に近くなりました。


よくもわるくも!


何に反応して体調が悪いのか
わからなかった頃と似て来ています。

 =鼻の過敏性が嗅ぎ分けられる犬並みでなく、
  ニオイに過敏だね!くらい^0^;


このときはまだグルタチオンは多少
体内にあったということでしょうか^^;?


実際問題☆

薬物代謝酵素は人それぞれ
人種それぞれです。


昨年2月、TBSの放送の 


 「人間とはなんだ」では


エチオピアの人だったかな?

が、とにかく有毒ガスに強くて

これは薬物代謝酵素のせいだと
放送されていました。


ザンネンながら人種差では
東へ行く程薬物代謝酵素は少なくなるということも
放送されていました。

放送中の世界地図からすると
日本人は一番薬物に弱いそうです>。<;
(このお話はまた別の機会に☆)
(欧米の方より日本人は
 香水など薄めなの好きなのはこういうことかも)

数値でいうと覚えてるのは
アメリカ4.2に対して日本人は0.5
(多分薬物に強い人の比率かなにか)


その日本人の中でも
薬物代謝酵素のないCSのわたしたち^^;


グルタチオンの効果だけでは治せないと知って、、

では何のCYP系薬物代謝酵素がたりないのか、、


まずはお手軽。


 CYP3A4


何がお手軽かといいますとー
自力で増やせるからです^^p


しかし、簡単に阻害もされます。

グレープフルーツや他の柑橘類の一部で
阻害されてしまう薬物代謝酵素です。

最近の情報ではニンニクも阻害効果が!?


また誘導(CYP3A4を増やす)のは
セントジョーンズワートや
アブラナ科の野菜が有名なようです。


みなさん思い当たることはないですか?


CS患者さんの車酔いは乗った瞬間。
揺れではなく車内のニオイで酔いますよね?

このときグレープフルーツや柑橘のジュースで
悪化したことはありませんか?


わたしには思い当たることばかりです^^;


ニンニクも子供の頃から毎日食べていて、、

アブラナ科の野菜は0に等しいくらい
全く食べてませんでした。
(親がトマトとキュウリとレタスと肉しか食べさせないの^^;)


ちなみにアブラナ科の野菜は

 ブロッコリー、キャベツ、ダイコン、カブ、カリフラワー
 ハクサイ、チンゲンサイなどです。


我が家は皆無>。<!

でした〜


最近は気をつけて食べるようにしていますが。。


何十年もの不足分が補えるのはいつになるやら^^;


また、以前

抗ヒスタミン薬で副作用がひどかったり
喘息の吸入ステロイドで副腎不全に>。<;
(ACTHとコルチゾール低下)

使っていたのはパルミコートです。

おもいっきりCYP3A4で代謝されると
書いてあります^^;


 医療関係者用 パルミコート説明書


その他CYP3A4が関係している医薬品はこちら↓


 CYP3A4の基質剤例


ますますおもいあたることばかり。。^^;


ということで!


CYP3A4が足りていない前提で!
手っ取り早くCYP3A4を増やせる
セントジョーンズワ−トに挑戦しました^^


しかしこれって。。


鬱な方用??

前向きに!とかブルーな方へ。。


みたいなことが書いてあるDHCのを
まずは1錠飲んでみました。


すでに異常なほど前向きで
ブルーどころかテンションの高いあたしは
どうなるんんだろ〜

とダンナちゃんと盛り上がっていたのですが^0^”
(もっとテンション高くてはじけちゃうのかなー?とか)


逆?でしたー>。<;


フラフラくるくる@0@

異常な眠気とキョウレツな頭痛!!!!


調べたら。。。


セロトニンが既に足りてるのに
セロトニン放出しちゃうようで。。


セロトニン過剰だと

 セロトニン症候群

というものになってしまうそうです>。<;


さいあく、死亡も。。。ですか!?@0@;


調べる前にウッカリもう1錠のんでしまって。

あれから1週間の今も頭痛が治りません;0;


二度と飲まないですー>。<。!


逆に本当にセロトニンが足りてない方には
効くのではないでしょうか^^?


でもオプションがついてきました^^??

いえいえ、わたしにとってはメイン☆


薬物代謝は良いようで
ちょうど友人からいただいた衣類が
結構洗剤か芳香剤かのニオイだったのですが
グルタチオンのみよりも強くなったかな?
という印象ですが。。はて?関係ないかな?^^;

タバコにもより強くなったかなー?
(ニコチンはCYP2A6、アセトアルデヒドはCYP2E1?
 で、関係ないかもだし^^;)
排気ガスにはどうかな、、、>。<;?
(思い当たるのはヘム鉄吸着の一酸化炭素くらい^^;)
(ベンゾピレンはCYP1A1ですし。。)

向かいの雪かき2時間もできたのは別の理由かな^^;
(後ぐったりしてますが。。)
(3A4と関わるテストステロンと関係が。。?)

んー直接代謝してなくても
間接的な代謝後の物質に作用してるかもだし〜
はてはて?>。<??

医薬品以外の日常ありふれてるものも
CYPは代謝してくれてるはずですが
それをまとめた情報はないんですよね、、
(もっと調べますが>。<;)


とにかくですー

条件出しにしては1日飲んだきりで
データがとれなかった。。


ごめんね!>。<!!


でもしにたくないから
もうのまないよーセントくん>。<!


飲めるとすれば。。!

あたしがブルーになるのは
ダンナちゃんとケンカしたときくらいだから。。

めったに飲めないや^0^”


気長にアブラナ科の野菜を食べまくる予定です^^;
(大好きなニンニクも食べるのはへらします〜)
(トビヒの殺菌にはつかいますー。ニンニク☆)


それよりもっと勉強しないとですね>。<☆


はあ。。諦めて。。
理系に戻るしかないのか>。<;











わたしの病状やら病院の対応やら
一番わかりやすいのはマイド代理受診で
ダンナちゃんに渡しているレポートかと^^;

今回から貼っておきます。



2014.2.4 


●筋無力症

 最近は易疲労が緩和して動ける日が多くなったので
 その分腕が上がりにくいなど実感する日が増えました。
 (今までは動く体力もなかったので。。)

 今までの易疲労は15分の庭掃除でダウンし、
 何日。。1週間、もっと?動けなかったのが
 ここ最近は1時間庭掃除可能に。(ただし3日に1日くらい。)
 2時間掃除では2、3日ダウンしてしまいます。

 
 易疲労が緩和した理由なのですが。。思い当たるのは

 昨年調子がよかったとき飲んでいた
 ビタミンBのサプリと鉄のサプリを飲んでいたのを思い出して
 再度飲みはじめてからです。

 *貧血が治った時点で飲むのをやめてしまっていました。

 ですが、再度ビタミンB類(以前より多め)と
 鉄、今回は亜鉛も追加したところ
 疲労の回復が昨年より早くなったようです。

 長時間座っていられる時間も増えました。


●気管支炎・喘息

 こちらも室内で窓を閉め切っている分には
 (排気ガスとタバコ、洗剤のニオイ遮断)
 変わらず問題なく暮らせています。
 (続けているローズマリー、ペパーミントなどのおかげです。)
 外出はまだ厳しそうですが。。
 最近、いつもはダメな量のタバコを嗅いでしまい
 夜中喘息にならなかったのです。
 もしかしたら上記サプリのおかげかもしれません。
 グルタチオンを飲みはじめたときよりも
 上記サプリを飲みはじめてからの方がより良くなった気がしています。


●化学物質過敏症(薬物代謝酵素の異常)

 システインやグルタチオンをのみはじめて
 少しよくなって来たのが持続しています。
 ビタミンB類や鉄、亜鉛で更に少し良くなったようです。
 上記のタバコや芳香剤などに更に少し強くなってきました。
 反射的に悪化しないのは
 粘膜上にグルタチオンやその他薬物代謝酵素が増えたのでしょうか?
 グルタチオンの抱合反応が反応速度1番早いようなので
 やはりグルタチオンのおかげでしょうか?


●皮膚

 冬の乾燥とともに左足ヒザ下のトビヒから広がり
 左足腿へ。

 治した右手が寝ていて痺れてから再発。

 浮腫みやすい左足ヒザ下と
 血行不良でガングリオンができたことのある右手から
 トビヒ感染したので血行不良=栄養不足?
 が原因な気がしています。

 冬の乾燥で肩こりしやすい左肩も感染し
 首まで感染。

 背中、腕にまで広がっています。

 しかし左足ヒザ下以外は感染が軽いのか
 栄養が足りているのか、治りが早いです。

 左足ヒザ下は治りつつ、完全除菌できていない箇所から
 感染も再発している状態ですが
 首周りはすでに回復。

 腕は治りかけていてカサブタができています。

 背中はまだかゆいです。

 *治療法はニンニクと酸化亜鉛、ティーツリー、酢に切り替えました。
  (ハーブのシップは湿って寒いからです^^;)


●眼(光視症)

 血行が良くなると治ります。
 肩周りを動かせる時、治ります。

 凝っているとすぐ再発。


●歯

 欠けた歯で固いものをウッカリかんでしまい
 また一部割れて抜けました。


●大量の抜け毛

 一度は良くなったのですが
 鉄やビタミンB類をやめてからまた抜け毛が悪化。
 再度飲みはじめて2ヶ月くらいでしょうか?
 やっと抜け毛が減って来ました。


●味覚障害

 ここ10日ほど舌が痛んで味覚がおかしいです。
 鈍くなりました。
 口を開けて寝ているので乾燥でなった気がしますが
 子供の頃から口を開けて寝ていたので
 それだけが原因ではないようです。

 亜鉛不足で味覚障害になるのは有名なようですが
 鉄不足でも味覚障害になるとネット上にあり
 亜鉛をとりはじめてから急に味覚異常になったので
 今は食後に鉄、食間に亜鉛をとるようにずらしています。
 *亜鉛は鉄の吸収を阻害するとネット上にありました。
 
 まだ飲むのをずらして1週間くらいの話なので治ってません^^;


●糖の代謝異常

 前々からおかしかったのですが
 よくわからないままにしていました。

 以前は甘いものを食べれば体力回復していたのですが
 少し前には甘いものでも10分くらいしか効果なくなり
 最近に至ってはその後より動けなくなるという
 なんだか糖尿病のような症状にも思えたのですがよくわかりません。

 過去調べていただいたことがあるのですが

 空腹時血糖が83、インスリン4.5であるのに
 食後の低血糖が76、インスリン2.1で
 反応性低血糖を疑われましたが
 当時は長い間病院にいられなかったこともあり
 負荷試験はせず帰されました。

 その他、糖代謝に関係ありそうなのは
 コルチゾールとACTHが低かった時もありました。
 (ステロイド中止してから治りましたが。。)

 毎朝甘いものを食べたくなっていたのですが
 体調が良い時は甘いものを食べたくなくなるのです。
 (つまり体調悪いと糖代謝できていない?)

 ひどいときは食後の方がオナカが空いているという
 わけのわからない状態にも^^;

 調べた限りでは急速に血糖値の上がる白砂糖はよくないとのことで
 白砂糖はなるだけとらないよう心がけていたところ
 だいぶ良くなって来ました。
 ビタミンB類などをとりはじめてからでもあります。

 今は朝から甘いものを今は食べたくないです。

 どうやらビタミンB類が糖の代謝に必要なようなので
 ビタミンB類を摂取しはじめたおかげでもあるかもしれません。
 (昨年はそこまで糖について変化なかったので
  白砂糖、ショ糖をやめた効果もあると思います。)
 

●自分なりの考え


 今回ビタミンB類、鉄、亜鉛のサプリで
 色々と体調が良くなって来たので自分なりに考えてみました。

 採血上、貧血は治ったはずです。

 もしかすると
 何年も貧血が続いていたのでそれに耐えて慣れようと
 体内で優先順位を決めて消費されていたのかと。。

 採血では足りたようにみえても
 その不足時の慣れのせいで行き渡るべき箇所に行き渡っていないのかも?
 と思ってしまいました。

 優先的に消費される部分が人それぞれ違うのかな?とも思いました。
 同じくらいの数値の貧血の方でも症状の重さなど違うからです。


 わたしの場合は

 粘膜虚弱、薬物代謝の異変(化学物質過敏症)、易疲労、筋疾患、抜け毛、皮膚疾患

 の順に起こりました。


 鉄も亜鉛もビタミンB類も
 粘膜、皮膚、そして酵素に必要だそうなので。。
 (補酵素として、体内合成にも必要だそうです。グルタチオン合成にもです。)

 わたしの場合は皮膚に優先的に使われているような気がします。
 最後の最後に皮膚がダメになったので。

 そして優先されないのは粘膜、薬物代謝酵素のようです。
 
 主人は易疲労や粘膜、代謝には問題なく皮膚疾患(トビヒ)になったので
 遺伝で優先順位が決まるのかな?と思ってしまいました。

 今までは遺伝的に薬物代謝酵素が作られないのかと思っていましたが
 もしかしたら体内合成はできるのに材料が足りなかっただけかも。。
 とも思いました。
 
 アセトアルデヒド代謝酵素は遺伝的にないのかもですが。。
 (母も弟もお酒に弱いので)
 (日本人には30%この酵素のない方がいるようです?)

 タバコにもアセトアルデヒドが含まれているようなので
 飲酒後のアセトアルデヒドがダメであること
 (自分は飲まないので他人のニオイ)
 タバコがダメであること
 アルコール消毒での皮膚湿疹が遅発性であること
 など考えると今までアルコールの代謝酵素がないと思っていましたが
 アセトアルデヒドの代謝酵素がないと考えるのがつじつま合いそうです。
 *自分が嗅いだり飲んだりですと瞬時に頭痛がしますが、、
  もっと勉強します^^;

 *最近のタバコ被害が少し良くなったのは
  アセトアルデヒド以外の成分の代謝が出来るようになったか
  その他代謝酵素でカバーできるようになったのか??

 その他グルタチオンも含めて
 もしかしたら材料が足りないだけなのか。。

 なぜ材料が足りないのか。。

 ビタミンB類は流出しやすいそうですが
 食品も気をつけてサプリでも1日摂取量2、3倍もとって
 やっと今の体調です。

 糖のとりすぎだけがビタミンB類流出(消費)の原因なのか?

 筋無力症による易疲労が原因なのか?

 はっきりしません。

 
●質問とお願い


 ①次に通院可能な日がありましたら
  念のため糖代謝系の採血、検査お願いできないでしょうか?

  その前に治っていればよいですが^^、

 ②ビタミンB類が流失しやすいのは
  疲労、ストレス、糖代謝以外に何かありますか?

 ③ビタミンB類のサプリにすくまれるビタミンB12(メチコバール)が
  過剰になっていないか心配です。
  噂ではビタミンB12は過剰ですと良くないかもと。。?

 ④味覚異常と舌の痛みの原因は鉄不足以外にも考えられますか?

 ⑤漢方薬も薬物代謝酵素があるのが前提な気がしているので
  もう少し飲めるようになるまで。。飲まないでいておきます。。
  いつが飲めるようになるのか感覚的で申し訳ないのです。。
  すみません>。<;

 ⑥睡眠の時間帯で大きく体調が左右します。

  日々、色々な事情で1時2時〜睡眠が多いのですが
  12時までに眠れると翌日体調がかなり良いです。

  酵素が作られる時間帯なのでしょうか?

 ⑦いただいているグルタチオンは体内で合成されるものと
  全く同じでしょうか?
 (特許のため少し構造変えてあるのはホルモン系だけですか?)
  噂なのですが、体内合成されたグルタチオンの方が効果テキメン
  と聞いたので。。


●お薬

 メチコバールとグルタチオンを
 宜しくお願い致します。

 上記⑦の質問で体内のグルタチオンと処方されてるものが
 同じものでしたら、現在の1日3錠から
 もっと増やしていただくことはできますか?


いろいろすみません。

宜しくお願い致します。
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これを読んでいただいた
神経内科の先生の回答は


「わたしなりの考え」はおおむね合っている。

 次に採血で検査しましょう。


とのことでした。

ダンナちゃんから又聞きなので
細かいことはわかりませんが
糖の代謝異常の検査をしてくれるのだと思います。


漢方科の先生は
これをあまり読んでいないのか


 糖は正常値で問題ない
 
 漢方薬処方


糖は確かに正常範囲の値ですが
問題は食後なのに血糖値が下がっていることなのに^^;
神経内科の先生はそれをわかってくださって
採血検査してくださるのです^^、、

多分ちゃんと読んでないのでしょうね、、

漢方薬も飲めないと言っているのに^^;


ダンナちゃんもダンナちゃんで
すんなり漢方薬もらって来るし^^;

3ヶ月分なので1万くらいの薬代。

もたいないでしょー>。<;

って言ったのこれで2回目^^;


やっと次はもらってこないと言ってくれましたが
逆切れしてました^0^;

最近イライラしてるんですよ。
ダンナちゃん^^;

イライラして人に当たるなんて
あたしはそんなことしたことないので
よくわからないのでした^0^;

でもかわりに病院行ってくれてるの
感謝してますー^^

でもでも病状わかってない。。
薬代もわたしの障害年金からだし
いつもヒトゴトなのにショックです^^;

って、前にも本人に言ったのですが^0^;

以前はこのレポートにさえ無関心で
お医者さんには渡すけど
毎回お医者さんに回答さえもらわず
飲めない&塗れないお薬もらって来たり、、
無意味なレポートになっていたので^^;、、
(わたしが通院できるときはちゃんと読んでもらってますが)


今回は①〜⑦の細かい回答はもらえなかったそうです。

ただ神経内科でも漢方科でも
ビタミンB12過剰は問題なしとの
ことだったようです。

ネット上ではよくないって
みかけたのですが、、^^、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とりあえず!

2/7の現状は^^!


●味覚障害

 亜鉛の量を減らして
 鉄を増やし
 鉄と亜鉛を同時に飲まないようにして
 徐々に舌炎(舌の痛み)と味覚障害がやわらいできました。


●気管支炎・喘息

 昨日窓を開けたりマスクなしでうっかり庭にでたり
 していたのですが、、
 (野良猫のケンカ仲裁していたのです^0^’)
 そのせいで夜中胸が苦しくて、、
 早朝5時半くらいまで寝付けなかったのですー>。<;

 その時間になってあわててペパーミントとローズマリーを
 マクラに追加して(古くなってニオイ減ってたから、、)
 
 ついでに催眠効果あるかなと
 苦手なニオイのラベンダーのエッセンシャルオイル嗅いで^^

 5時間くらい眠れたかなー
 (10時半起き^^、、)

 ラベンダーが効いたのか不明ですが^^;
 (いつもミント&ローズマリーで十分なので)

 しかし5時間は寝不足です@0@

 まだまだ排気ガスやらタバコには勝てません>。<;

 飲んでいるグルタチオンのおかげで
 即時の反応がなかったので
 たくさん嗅げてしまったようです。

 なんだかCSなりはじめの頃に近いかな。

 あの頃は何に対して反応してるかわからなくて
 タバコも排気ガスも気にしてなくて、、
 夜中胸が苦しくて気管支喘息になったりなんだり
 寝不足の日々でした。

 反応性早いグルタチオンだけ飲んでも
 他の中心的な薬物代謝酵素である
 シトクロム系などがなければ
 こういう事態になるのかもですね>。<。

 グルタチオンだけではだめってことです>。<★

 あ!グルタチオンは1日限界量なので
 これ以上増やしてもらえないそうです;0;
 ビタミンBでフォローするのがよさそうです^^p
 (このお話はいつか☆)


とにもかくにも〜


ダンナちゃんのイライラ、、

治まりますように;0;☆

















Powered by FC2 Blog