減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード





タバコによる胸痛と不眠
外出(ほとんど車椅子)で
足が筋肉痛になりました。


以下は詳細です。



①タバコとグルタチオン


通院後に毎回
グルタチオンとビタメジンを
点滴していただいています。


グルタチオンの効果と
ビタメジンの効果は以前に書いたので
そちらを見ていただけるとありがたいです。
(そのうちまた改めて書きます)


最近はグルタチオンでも
タチオンと違い
アメリカ産の不純物なしのものを
売っていただいてます。


タチオンよりも効果がある気がします。

タチオンも効果あります。


しかし
今回は点滴していただいている
処置室がものすごくタバコ臭くて


服用しているタチオンのおかげと
もちろん点滴のおかげで
嗅いだ瞬間の症状はないのですが


タバコはひどく嗅いでしまうと
毎回夜中に発作がおきます。


アメリカ産のものでも
関係ありません。


憶測ですが
グルタチオンも実際問題
グルタチオン合成酵素の遺伝子多型であったので
補うことでタバコなどの活性酸素による被害は
防げるようですが


CSはグルタチオンーS−トランスフェラーゼも
遺伝子多型との論文がありますので

その酵素が足りないと
化学物質の代謝がしにくくなりますので
そのせいかと思っています。


ということで

タバコの成分で
夜中左胸の胸痛と
覚醒効果で眠れなくなり
大変でした。

ものすごく疲れているのに
眠れないのは
本当に体調悪化の元です。


その晩は
タチオンとコエンザイムQ10と
大豆レシチンを服用したあと眠れました。


タチオン=還元型グルタチオンが
体内で活性酸素を消去したあと
酸化型になりますが

その酸化型グルタチオンが催眠作用があるので
その効果を狙いました。

コエンザイムは遺伝子検査で
消費が激しく不足しやすいという結果でしたので
疲労回復のためです。

レシチンはコエンザイムQ10が
脂溶性のものであるので
吸収をよくするために飲みました。



②外出と筋肉痛


足の筋肉痛は
今まではこれくらいの外出では
起きなかったのですが。。


ビタミンB12(メチコバール)を
1日3錠から1錠にしてしまったせいかもしれません。


ビタメジンは重症筋無力症の診断後
筋肉痛の緩和で処方されていました。


重症筋無力症で
筋肉痛にはならないらしいのですが
ささいなことで筋肉痛がひどかったので
(大掃除してしまうと1ヶ月間ずっと筋肉痛。。)


これを服用してから
筋肉痛は起きなくなったので
メチコバールは昨日から
1日3錠に戻しました。


ビタメジンの点滴に
ビタミンB12は入っているのですが
それだけではたりなかったようですね。


2日目の今朝まで痛かったのですが
今はもう大丈夫です。


以上、今回の通院後の症状でした。






スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog