減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すっかり書き忘れなことが、


 ・労作が以前より緩慢
  5年以上前から少しずつ
 ・頭の回転が遅くなったのは
  5年以上前から少しずつ
 ・簡単な労作後(力仕事)のあと
  ふるえる(使った筋肉)
  (いつからか忘れました。)


これらも追記して
次に病院に行かないといけません。


今日は右手で泡立て器数分で
ふるえが、。
3日連続だからかな、。

昔より点滴もしてるし
B1なども飲んでますから。。

こんなささいなことでは
ふるえなかったので
悪化してます。


父の腸の腫瘍の中に
ガンが隠れていました。

おまけに胸にわたしと同じしこりが
できてきたそうで。。

わたしもガンが隠れているかもと
緊張感が更に増しました。
*わたしの乳管内乳頭腫には
 ガンが隠れてることがあるそうです。

弟は皮膚に悪性腫瘍でしたから、


早く手術したいのですが
体調と日程が合いません。


頭の回転もわるいのに
考えることが多すぎて困りますね、

スポンサーサイト


オレガノの蒸気吸入と
エッセンシャルオイル(精油)
が効果ありました。

最後の<注意>もお読みください。



<詳細>


8月25日に喉風邪をひいて
気管支炎に移行し
1ヶ月以上治ってません。


気管支が痛いと
眠れなかったり
眠りが浅くなるので

薬が使えないわたしたちCSにも
ミトコンドリア系の病気にも

食事とビタミン過剰補給と
睡眠が唯一の治療法なので
この状態は良くないです。


9月24日に打っていただいた
グルタチオン点滴は
活性酸素によるダメージの
気管支炎には即効性があるのですが

今回の風邪による気管支炎には
即効性はありませんでした。

翌々日の今日あたりから
効果が出て来たようです。
(治りが早くなる底上げ効果)
*ビタメジンも打ちました。


即効性のある治療法は
精油などハーブですが


今回は通常の風邪用精油では
驚ろくほど効果ありませんでした。

ウイルスの違いだと思われます。


 *通常の風邪の精油は

  ・マヌカ
  ・ティーツリー
  ・ユーカリグロブルス
  ・ペパーミント
   *ラベンダー入れてもよいです。



<効果のあるオレガノ>


今回のウイルスには
オレガノが効果ありました。

オレガノの特有成分の
カルバクロールに下記のような効能があるそうです。
*タイムなどにも含有


オレガノでノロウイルスを防げるか

抜粋&簡略化いたします↓

カルバクロールはウィルスを取り囲んでいる
タンパク質の固い層であるウィルスカプシド
(ウィルスの外部タンパク質)を分解。
直接作用する。
そして別の抗菌剤がウィルスの内部に入り込み殺菌。

ウィルスの外部タンパク質に作用するため、
ノロウィルスに抵抗性が出る可能性は低い。
(耐性菌ができない)

安全で、非腐食性、有毒ガスや有害な副産物は生成しない。

学校・病院・介護施設・児童保育所・薬物および
アルコールリハビリ施設など、
伝統的な漂白剤やアルコールベースの
洗浄剤などに弱い人がいる場で使用適す。


食品産業センター論文
 ブドウ球菌とサルモネラによるバイオフィルム形成に対するカルバクロールの抗菌作用


抜粋&簡略化いたします↓

カルバクロールはバイオフィルム形成を行うブドウ球菌と
サルモネラに対する抗菌効果が有効であることを示した。


和光純薬工業(株) カルバクロール

抜粋&簡略化いたします↓

強力な防腐剤、殺菌剤として
医薬またはロコウ剤の製造など
広く用いられる。


これら文献に出て来るウイルスとは
違うものだと思いますが(風邪なので)
効果のプロセス的には同じだと思われます。

治ったと思ってやめると
悪化しますので
効果は間違いないです。



<吸入の仕方>


ティーカップ1/2くらいの水を沸かして
大さじ1くらいのオレガノ(ティー用)を入れ
葉をカットしたものならさらに弱火で2分
パウダーならすぐ火をとめて

鍋ごと手にして(熱いので気をつけて!)

蒸気を吸います。


*オレガノは種類により効果がないので注意
 (痺れるくらい辛いものが良いです)
 今のところ効果があるのは
 生活の木のものと
 楽天のアメ横大津屋スパイスのパウダー


わたしは30分は吸ってます。


その後


下記の精油を吸入します。


  ・マヌカ
  ・ティーツリー
  ・ユーカリグロブルス
  ・ペパーミント
  ・ローズマリー
   *ラベンダーをいれてもいいです。

吸入の仕方は
手にたらして口を覆うか

先程のオレガノがまだあたたかいうちに
そこへたらして一緒に吸入します。

*沸かし直しは
 精油が酸化するのであまりお勧めしません。


これで気管支炎が治まり
眠れるようになりました。


ですが


やめれば悪化するので
完治はしていません。


あとは栄養、ビタミン補給
睡眠を増やすしかないですね。


完治したらまた報告いたします。



<注意>

 オレガノの服用も試しましたが
 抗生剤同様、
 腸内細菌が死んでしまうのでお勧めしません。
 肝毒性もあります。
 (わたしは漢方薬と同じ副作用が出ました。)
 気管支炎には吸入が一番でした。
 (喉、鼻風邪も同様。)
 



まだ300種以上の遺伝子検査結果内容
全ては解読できていない中
ピックアップした関連項目記載。

原因不明のビタミン代謝異常
=ミトコンドリアの異常?

また核DNA修復異常で
日光や薬剤に過敏性があることから
ミトコンドリア病、核DNAに関わるものが
化学物質過敏症に関わるのか?

これらを関連づけて調べるには
今の医学ではかなりハードルが高いので
まずはビタミン代謝異常の紹介状を書いてもらえるよう
書いてみた提出書です。

*この検査は神経内科で行います。
 紹介状が必須です。

*現在通ってる神経内科では
 ミトコンドリア病の検査を断られました。
 理由は研究中の病気だから。。
 ミトコンドリア病の疑いを否定はしませんでした。
 
堅苦しいのが苦手なので
やんわり書きたいのですが
説得力がなくなるので
間をとって書いたつもりです。

多くの化学物質過敏症の方が
ビタミンが効果あるとお聞きになっているはずです。
その理由を調べるためにも必要な検査です。

*摂取量も書いてありますが
 過剰摂取はお気をつけ下さい!
 ↑こういう意味でもちゃんと検査して
  医師に管理してほしいですよね。

はたして紹介状は書いてもらえるのでしょうか。。
結果は後日です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビタミン欠乏と代謝異常の原因を
調べて治療をしたいです。

紹介状をお願いできないでしょうか?



<理由です。>

 *遺伝子検査結果はファンケル、ジェネシスより


①ビタミンB12が異常な筋肉痛と熱(炎症?)に効果

 症状=簡単な動作で長引く筋肉痛と熱(1ヶ月以上)
    *熱は全身ではなく使用した筋肉のみ
     少しずつ悪化
     ひどくなったのは2009年〜?
 診断=なし 原因不明
 処方=200 9年頃?横浜市民病院 神経内科
    現在 慶應 神経内科
    メチコバール500μg 
     1回1錠/1日3錠 服用中
    服用後緩やかに改善
    *1日1錠に減らしたら再発
    (2009年の時よりも悪化) 
 保険適用外=2014年10月?B12含有の
       ビタメジンの点滴 
       より改善し
       2014年冬から?
       筋肉痛と筋肉熱もつことがなくなった。
 医師の話=B12が効くのだから
      原因わからずとも良いではないか。


 筋肉症状詳細= 
 簡単な反復動作→夜中熱持つ→筋肉痛→筋肉硬直
 背中で発症した場合
 真冬でも全裸にならないと眠れない程の熱
 (多分CK値が上がるとしたらこの夜中の熱のあるとき?) 
 具体的な例は
 易疲労もあるので何末の大掃除は1ヶ月ゆっくり少しずつ
 にもかかわらず年末は年賀状が書けない程手がこわばる。
  
 関連ある遺伝子多型=
 メチオニンシンターゼの遺伝子多型あり。
 (日本人はヘテロ、ホモ含み32%多型)
 ヘテロかホモかは不明。


②ビタミンB1が異常な筋肉硬直とけいれん
 糖代謝異常に効果

 症状=筋肉症状は①に含まれる
    硬直のみは10代からも多少あり。
    糖代謝異常は20 代からありますが
    最近悪化して僅かな糖摂取で倒れる
    けいれんは寝付く前に多い
    胸痛(食後)などの
    乳酸アシドーシス症状
    硬直も寝付く前に起きたことがあります。
 診断=なし 原因不明 
 処方=なし
 保険適用外=かなり以前から総合ビタミン剤(効果なし)
       2014年10月?ビタメジン点滴
       糖代謝に効果あり
       2014年12月
       ビタミンB1500mgサプリメント
       筋肉硬直が緩やかに改善
       年賀状が書け、
       毎日ペンで文字が書けるように!
       *記憶障害で最近1ヶ月程?飲み忘れで
        受話器持ったまま手が固まる。。
        ↑過去よりも悪化、。
        B1服用再開で改善中
       *ケトン食も効果があるので
        同時期から続けています。
 
 疑問=遅発性のピルビン酸脱水素酵素欠損症?
 医師の話=上記のようなミトコンドリア病は
      研究中の疾患で検査ができない。
      他院への紹介状は書きたくない。
 他院の話=↑それはおかしいので転院する勢いで
      紹介状を書いてもらってください。
      とのことでしたが
      現状この病院でしか下記⑥のタチオンを
      処方し ていただける病院がないので
      このようなことになりました。。
 

③ビタミンB2補酵素型の易疲労への効果

 これは大量摂取していませんが
 補酵素型でないと効果がなかったです。

④カルシウム&マグネシウムの易疲労への効果あり

 これも大量摂取はしていませんが
 サプリメントで効果多少ありました。 

⑤カルニチンの腹持ち効果?

 最近カルニチンをとりはじめてから
 腹持ちがよくなり食事量が減ったきがします。
 (まだ便は多め*下記に詳しく)

⑥グルタチオンの気管支炎と睡眠
 化学 物質過敏症への効果

 症状=薬物、化学物質過敏、副作用
    排気ガスやタバコによる気管支炎
 診断=2007年?気管支喘息(佐野虎ノ門クリニック)
    2007年?化学物質過敏症
    (北里研究所病院アレルギー科)
 処方=2013年?慶應漢方科(現在は神経内科)
    タチオン錠100mg 
     1回1錠/1日3錠 服用中
    タバコ等への過敏性に効果あり(嗅覚人並みに)
    *即効性の症状には効果あるので
     平気だと思っているとタバコなどの過剰分が
     夜中の気管支炎などにつながる。
 保険適用外=タチオン1000〜1200mg点滴
        タバコなどの過敏性と気管支炎に効果あり!
       *即効性の。。。錠剤同様過剰分で症状。
       外出すると疲労で眠れなくなっていたのが
       点滴ではじめて眠れるように!
       *酸化型グルタチオンが
        睡眠促すという論文あり

 関連ある遺伝子多型=
 グルタチオン合成酵素の遺伝子多型あり
 (日本人はヘテロ、ホモ含み30%多型)
  ヘテロかホモかは不明。
 AHR遺伝子(芳香族炭化水素受容体遺伝子)がCC型ホモ
 (日本人の59%)
  *↑多型はCYP、GST誘導低下を引き起こす
 CYP1A2*1Cがヘテロ型
 (日本人の36.04%)

 疑問=化学物質過敏症の論文にて
    グルタチオンーS−トランスフェラーゼの
    遺伝子多型があるとのこと。
    *この酵素の遺伝子検査可能な機関がないです。
    化学物質過敏症に本当に特異的なのかどうか。。?
    *論文中にはこの他私と同じく
     チオール系(グルタチオン?)が少ない患者も。
     とありました。

    この酵素の不足で細胞毒性のある物質を
    代謝できないことを考えると
    仮に本来発症しない程度の
    軽度のミトコンドリア病だったとしても
    悪化の原因に。。?

⑦ ヘム鉄が化学物質過敏症と易疲労に効果

 子宮筋腫で貧血時、化学物質過敏症と易疲労が悪化。
 貧血のレベルはそれほど低くはないのに
 それ以上の易疲労でした。
 それ以来筋腫は治っても服用し続けている。

⑧還元型コエンザイムQ10で
 寝付きが早く?頻尿も改善?

 カルニチンと同時期にはじめたので
 どちらが効いてるのかわかりませんが。。
 ここ何年か続いていた寝付きの悪さと頻尿が
 これらで急に改善??

 ここ1、2ヶ月
 Q10サプリは推奨量の1.5倍摂取(165mg)
 飲み方工夫し効果が出はじめました。

 関連ある遺伝子多型=
 ミトコンドリア5178Cがワイルド
 (日本人の60%)
 ↑コエンザイムQ10の消費が激しく燃費が悪い
 
 疑問=ミトコンドリア能力低と活性酸素上昇に
    関わりそうですが寝付きと頻尿に何が関係。。?
    勉強不足で全く不明。関係ないのかも??


⑨オルニチン+亜鉛酵母で味覚異常改善

 ただの亜鉛では効果なしでした。

 予算の都合でここ1週間服用やめています。

⑩乳管内乳頭腫

 診断済み。手術予定。
 *子宮筋腫は手術済み。
  腫瘍ができやすい。
  弟は皮膚 に悪性腫瘍
  父は腸に腫瘍でガン検査結果待ち
  母も子宮筋腫

 疑問=グルタチオンが抗腫瘍効果?
    遺伝的にグルタチオン合成酵素不足の一家?
    化学物質過敏症とビタミン代謝異常はわたしだけ。
    ミトコンドリア病なら母からの遺伝。。
    親は発症しないミトコンドリア病も。。
    母と妹は確かに臭いには過敏(発症はしていない)
    GST欠乏はどう遺伝したのか。


<その他気になる症状>


①感染症がひどい(免疫力低下)

 トビヒなど
 全身いろいろな感染症にかかりやすく
  治りにくいです。
 風邪もなかなか治りません。
 今回の風邪はRSウイルスでしょうか。。?
 *8月25日からの喉風邪で気管支炎が治りません。
  (1、2度治ってぶりかえすを繰り返す)

 *SLE、IgA欠損症はないです。(診断済み)


②易疲労がひどい

 年々年齢以上の体力低下
(ひとりで歩行し外出できないなんておかしいです。)

 疑問=筋無力症が発症するのは反復労作後
    簡単な反復動作→夜中熱持つ→筋肉痛→筋肉硬直
    →脱力
    *前記にありますようにビタミン摂取後は
    簡単な反復動作脱力 のみ
    ですのでビタミンが効果 あるものは
    筋無力症とは別の疾患疑います、。
    労作前から疲労が激しいですし
    何が原因なのか。


③眼の異常(蚊飛症、光視症)

 飛蚊症(黒い糸くず)
 30代前半で日光を直視後発症。
 それは現在少し増えただけですが

 白い曇りガラス状の
 黒い糸くずの飛蚊症と同じパターンで動く物体が
 眼の中にできてしまい
 ここ数ヶ月でどんどん増えて大きくなり
 光が乱反射して見えづらいです。

 光の球が眼球周りをくるっと描くような
 光視症は個々数年で発症です。
 *母は60代で発症し
  網膜剥がれはしてないがその手前と診断

 疑問=原因は。。?
    眼に多いグルタチオンが不足で
    活性酸素ダメージが多いからでしょうか?
    その他、ビタミン欠乏、代謝異 常に関わる。。?


④歩行のふらつき

 歩いているとふらつくことがある。
 いつからかは覚えてませんが
 ここ数年。。?

 疑問=小脳失調。。?
    ビタミン欠乏、代謝異常に関わる。。?


⑤日光過敏症

 以前から日光には弱い方で したが
 ここ数年で悪化しました。
 当たると赤く腫れてかゆみが出ます。
 そしてなかなかその痕は治りません、

 *SLEではない

 疑問=ミトコンドリア病?DNA修復異常で
    日光過敏(薬剤過敏も)
    関係は。。?


⑥便の異常な量

 個々数年
 便が食べたものに対し異常に多いです。
 昔の3倍以上でます。

 みぞおち左の異常な激痛(何年かに1度発症。3回目?)
 で食事がとれなくなり原因不明。
 グルテンのIgGアレルギーとわかり
 小麦をとらないようにしてから発症なし。
 (うっかり摂 取で少し痛む)
 それ以来少し便の量が減りましたがまだ2倍以上。

 疑問=燃費が悪い。。?


⑦難聴

 ここ数年で少しずつ難聴になってきました。
 聞き返すことが頻繁になり、
 TVのボリューム大きくする程度ですが、。

 疑問=ミトコンドリア、核DNA修復の異常の病気に
    難聴があったような?
    気になっています。

    *核DNA修復異常というより
     ミトコンドリア機能の低下で
     細胞死が起こりやすくてー?
     年齢的に再生が遅いのがプラス?
     (日光過敏症も)

⑧記憶障害

 もともとうっかりはする方ですが
 ここ1年?
 今何をしているのかわからなくなったり
 買ったものを何に使うのかわからなくなったり
 忘れっぽいのが異常です。


⑨全身粘膜が弱く乾燥している

 ドライアイは診断済み
 化学物質過敏症が悪化してから
 鼻水、痰がほとんどでません。
 ドライノーズ?ドライ喉?
 そういえば気管支喘息も30代前半は喘鳴があったのに 
 同時期から全くないです。(気管支炎のみ)
 *ひどい花粉症で昔は鼻水もひどかったのに
  今は粘膜が腫れるだけでくしゃみのみ。
  風邪 も同様。


<10代から現在まで自覚のある症状>

 手の弱い硬直
 夏の朝の胸痛と手のむくみ(主に右手)
 夏脱水しやすく足がつる
 薬剤過敏(現在は化学物質過敏症)
 ↑少しずつ悪化し30代でひどく。


<20代から現在まで自覚のある症状>

 糖の代謝異常
 この頃はすぐお腹がすいて倒れるので
 授業中も食事が許されていました、、、

 易疲労
 20代のわりには。。と思っていました。
 ↑少しずつ悪化し30代でひどく。


以上です。

関係ないことも書いてありますが
治したいので是非紹介状を宜しくお願い致します。


続きを読む »



関連記事



GSHは生体の主要な抗酸化物質の1つで、
活性酸素類の除去に働くほか、
脳内ではNMDA受容体を介した神経伝達への関与が考えられています。
NMDA受容体は、統合失調症における感情の平板化、
自発性の低下といった陰性症状、
記憶や作業能力の低下などの認知機能障害と深い関係にあるとされており、
GSH濃度の変化は統合失調症の症状に大きな役割を果たしている。



グルタミン酸と精神疾患:モノアミンを超えて
グルタミン酸トランスポーターと精神疾患 P5の図

グルタミン酸トランスポーターの異常で
グルタチオン合成が阻害。



<考え>

①はグルタチオン不足が原因
②は結果的にグルタチオンが不足

わたしは統合失調症ではなく
グルタチオン合成酵素が欠損している。
(=グルタチオン不足)

グルタチオンは細胞保護に必要だと思うので
そう言う意味で神経にダメージ

=記憶力低下、記憶障害




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。