減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード




今までも冗談で言って来ました!


あたしは虫レベルなの〜>。<;
(殺虫剤でやられるから☆)


今回の事件でそれがマチガイナイ!と
確信しました>。<;


今まではダニアースやバルサンで
(旧式の)
有機リン中毒になりましてー
吐き気、脱力、寝たきり、、
そのアセチルコリン受容体抗体陽性の筋無力症になりました。


それは薬物代謝酵素がないからだーという
カナダの研究もみつけて
薬物代謝酵素がないという現実と
まだ日本で研究途中の分野であることも
知りました。


今回の事件はーーーー


片目がつぶれそうな野良猫ちゃんのー
治療のためにどうぶつ病院に連れて行って起こりました@0@;


ダンナちゃんに連れて行ってもらいました。

先生には薬物代謝酵素がないという
説明をきちんとしました。

なので蚤取りは要注意!蚤取り剤以外の対応を
相談していたのにーーー


それを無視して滴下;ー;


仕方ないです。

研究中の病気ですしマイナーで
過去の経験しか認めない医師は
どんなに良い先生でもこうなります、、

自分が経験したことのない
知識にないものは信用しないーー


そして
わたしの言うことは無視、
そんなことありえないだろうって〜;0;


ノラちゃんの治療には
ゴハンに抗生物質をまぜて食べさせる。
目薬をすることが必要で。

詳細の検査のため
病院に連れて行く前は
お薬郵送で送ってもらってー


他のノラちゃんに食べられないようー
室内に入れてたべさせてーー
目薬がんばっていたのですが^^;


滴下されたのらちゃんが帰宅して

箱から出そうとしたらもう>。<、、

殺虫剤のニオイ、、

猫ちゃんさわらないようにしたけど
揮発してます。十分!


ちょっとたらしただけで
体中のノミが死滅するんですから
相当強烈なものでしょうね、、


わたしはすぐに唇と舌がしびれました。

多分年中鼻づまりで口呼吸してるからだと思います。
口まわりがやられやすいです。


過去にダニアースでも同じ症状からスタートしたんです。

口が痺れたら要注意>。<;


あ、あと大学の化学実験中にも1度なったな>。<;;
合成にないといけない物質が1度毒性強いものにしないとで、、
その過程で>。<;;


とにかくですー

その後吐き気におそわれまして、、


部屋からもニオイがとれずー
(もしかしたらあたしの鼻に残ってるのかもですが)
(だって、滴下しただけで1ヶ月も取れないで効果あるやつですから、、)


お風呂でビタミンシャワー☆
ビタミンミネラル系を顔にぬりたくってー

とりあえず代謝にいろいろ過程はありますが
ビタミンC類しか家にないので
それに頼ることに;0;
(抗酸化物質が役に立つ場合もあるから☆)


一晩ねておさまりーー


今朝☆

病院でこわい思いしたのに
ノラちゃんがやってきました^^


家に上がったらもう〜@0@

まだまだニオイがとれてません、、


抗生剤入りゴハンだけで
目薬はできませんでした;ー;

窓全開にしても
なかなかニオイとれず、、


また吐き気ー@0@、、


これが連日になると
また筋無力症のような
神経系の免疫系やられそうな気がしました。


気がしましただけではイカンとー
勉強したいけど頭廻らないです@0@;


とりあえず今回の薬剤は
フィプロニルという
フェニルピラゾール系殺虫薬です。
殺虫剤です。

これは有機リンと違ってアセチルコリンに関与しないのかと
安心していたら〜

アセチルコリン神経系にギャバも関係してるようで、、

このフェニルピラゾール系殺虫薬
はギャバに関係してるんです;ー;


どうぶつ病院の先生が自信満々に
人間に作用しない、虫にしか作用しないとー
言っていましたが、

それって、

人間にはフェニルピラゾール系殺虫薬の薬物代謝酵素があって
虫さんにはないからだという前提だとすると

人間でもフェニルピラゾール系殺虫薬の
薬物代謝酵素がなければ虫さん同じく
やられしょびれーー@0@、、、

ですよね>。<。


やっぱり虫さんレベルなあたしたちーCS>0<!


実際はどうなのか〜


薬学部の先生にしかわからなそうなので
今度聞ける機会があったら聞いてみます;ー;


明日からマスク、
オウチには入れないようにします。。;ー;


持続効果ある1ヶ月はこのままかあ〜>。<。

ちゃんと治療できないぢゃんー>。<☆!!









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekoluna.blog121.fc2.com/tb.php/118-afc7c4b6


Powered by FC2 Blog