化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

トビヒ治療冬モードに変更!

病気
  • comment0
  • trackback0
わたしのトビヒ。

ニンニクやローズマリ−、ペパーミントなどの
複雑な治療でなんとかしていますが☆

1日でもサボると急速に広がります;0;


なのでせっかくなおりかけていたのが
1日さぼったせいで〜

9月かな?10月かな?
急速に悪化してすこしづつ治ってきたところです。

今度体力あるときにハーブ治療について記載します^^


そもそも薬が使えたら
こんなメンドイことはしませんが^0^”


ダンナちゃんのトビヒがお風呂でうつったのですが
ダンナちゃんは治そうとしていないので
汗かく時期になると毎回悪化してのくりかえしです^^;


あたしのハーブ治療は2時間くらいかかるし
ニンニクの量を増やして殺菌効果高めると
激痛どころではなく;0;

のたうちまわる拷問になります>。<。


さすがのあたしも
疲れ果ててしまいー

こんなにイタイ日々から逃れたいと
亡くなった愛猫ルナに会いに行きたくなったくらいです@0@


前向きなあたしをここまで疲弊させる
トビヒ〜


詳しくてわかりやすい記載みつけました!


 伝染性膿痂疹(とびひ)<皮膚の病気>


ダンナちゃんにいろいろ言ってきましたが☆

死にたくなるくらい痛いと
本心を訴えてやっと治療してくれることに;0;

感染症は家族も治さないと
いつまでたってもうつし合いですからね>。<;


そんなこんなですが☆


イタイの、未精製シアバターを塗ったとこは
痛まないのを思い出しました。

あまりにも痛いので
油膜でカバーしてニンニクの殺菌ダイレクトにひびかないように?

と、1度塗ったことがありまして^^


上の思惑だと殺菌効果が減るのでは?

と思いません^^?


今回全面塗布して実験!

ハーブを混ぜる溶液もヒバ水から
ヒバ水2:オリーブオイル1に変更!


なんと!あんなに激痛で眠れなかった日々にサヨウナラー^^

ガーゼをはがしてみると☆

皮膚が厚くなっていました!


痛みもないし、皮膚も丈夫に??

今はまだ実験中で結論を出すには早いのですが☆


シアバターは抗炎症効果があるそうです。

なので油膜とはいえバターくらいの緩さで
ニンニクブロックできるとはおもえなくて^^、

多分、抗炎症効果が働いているんだと
わたしは今のところそう思っています。


あと、間違いだったことがあります。

わたしと同じくトビヒ治療にいろいろ挑戦してる方がいらっしゃいまして^^

その方の記事行方不明でリンクできないのですが、、


そこに

 水分的な乾燥は黄色ブドウ球菌が苦手
 (湿気が好き)

 油分は表皮常在菌の餌になるので必要


とありました。


湿気のことは知っていたのですが


そうだー!
夏の汗(アルカリ)でトビヒ広がらないよう
ハーブにガスール混ぜて乾燥パリパリにしていたんだった>。<!


と、冬に適さない方法だったことを思い出したんです^^;


そのせいか
皮膚が乾燥してひび割れて
その隙間から菌が>。<?

油がなくて表皮常在菌が増えなくて
皮膚がよわっちいままだったのではー>。<;


と☆シアバター塗布に加えて
オリーブオイルを溶媒にしてみたのです^^


 *表皮常在菌は良い菌^^
  肌を酸性に傾けて汗などのアルカリ成分の好きな
  黄色ブドウ球菌などのわるい菌を住みづらくする☆


今日で2日目☆


痛みないのでありがたい〜^^


痛いだけで日常生活に支障あったので
かなりたすかっています!


殺菌できてなくて痛くない。。。だと困るんですが^^;

菌が増えれば痒くなるのでわかります^^、、

今のところカユミなし!

しばらく続けてみます!!


詳細は体調よいときにでも^^、

ここ何ヶ月ものトビヒとの格闘で疲弊してて^^;
すみませんー!











スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply