化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

酸化亜鉛とセリンプロテアーゼでトビヒ治療を目指す

病気
  • comment0
  • trackback0

アメブロ読めない方へそのまま貼付けますねー



トビヒと毎日たたかいちゅのルナママ>。<;

夕方5時にシャワーすると
治療が終わるのは夜9時になります>。<;

(ハーブと酸の治療ねー^^)


しかも最近までは激痛がともなって
それはそれはのそれはですー


ぎゃー>0<☆


夏の汗で広がる時期が終わって

今度は乾燥で僅かな皮膚の切れ間から
菌が感染する時期になりました;0;


油断できる日はないです>。<;


皮膚が厚い箇所は
大きな水疱ができやすく

ちょっと薄くて菌もそこそこな箇所は
水疱が小さかったり赤い湿疹だけだったり

もっと薄い箇所は
水疱がやぶれやすくて
すぐぐじゅぐじゅに^^;

今まで薄い箇所にできていなかったので
新しいぐじゅぐじゅとの闘いが始まりました@0@


なぜできてしまったかー


それは今まで治療ち中(スネと足首)の
ガーゼで覆っていた部分の端っこにできました^^;
(ヒザ下ぷにぷに部分^^、、)

抑えるネットの端一番圧力が高くて
皮膚が摩擦で傷んでしまい
この乾燥の時期なので菌が侵入してしまったのです;0;


水疱が破れてしまうと菌が周囲に広がって

防ごうとさらにガーゼでみっちり覆ってしまったり
今まで効果のあったシアバターなども
覆うようになるのでぐじゅぐじゅな場所には適さないようです>。<;


そこへ希望の光がきらりん☆


酸化亜鉛がトビヒの黄色ブドウ球菌を
吸収して拡散しないとチラホラネット上でみられるように^^

酸化亜鉛、
ベビーパウダーや化粧品など幅広く利用されています。

ノンステロイドの皮膚疾患用軟膏などにも
含まれています。


ですがどれも
市販のものには界面活性剤やら経皮毒のあるものやらが
わずかーーに含まれています^^;

健康な方ならだいじょうぶなのですがー

ルナママは僅かな毒でも代謝できない病気なので
手を出せずにいました^^;


*抗菌剤に抗生物質ももちろんです。


でもでも☆^^!

酸化亜鉛単体で販売されていたので
ぐじゅぐじゅな箇所には利用しようとたくらみちゅうです^^


酸化亜鉛(10g入り)[メール便対応] 【手作り化粧品 手作りコスメ】【10P14Nov13】...

¥210
楽天


酸化亜鉛自体に抗菌作用があるという
研究データもみつけました^^♪


 酸化亜鉛超微粒子の抗菌抗黴防臭効果



防臭効果もあるようですね^^


このようなものに頼らなくても
表皮常在菌がちゃん生きていれば
黄色ブドウ球菌が繁殖するのを抑えられるのですがー>。<;


表皮常在菌の出す酵素=セリンプロテアーゼ

が黄色ブドウ球菌の菌膜を破壊するそうです。



特許出願中なのかな


 表皮ブドウ球菌セリンプロテアーゼを産生する
 表皮ブドウ球菌を用いた黄色ブドウ球菌の定着阻害剤


こういうのも研究されているので
表皮常在菌(のうちの表皮ブドウ球菌

とのバランスが大事なようです。


バランスというのは☆

黄色ブドウ球菌もその他の表皮常在菌も
皮膚に存在していて
バランズが崩れ、1つの毒性の強い菌が多く増えてしまうと

トビヒになったりなんだりです^^;
トビヒは黄色ブドウ球菌か連鎖球菌


これ以上つきすすむと
頭から煙りでちゃうので今日はこれまでー^^/


とにかく最近は
酵素不足をいたることろで感じるルナママでした^^;


 ペタしてね


 軽症=お酢のみ(リンゴ酢の方が刺激すくない)で治る
 そこそこ=お酢+ペパーミントとローズマリ−など で治る
 ちょっとどうかな=上記+ニンニク軽く塗る で治る
 あかーん>。<=上記ニンニクダイレクト塗布
 ぐじゅぐじゅ=まずかわかす


 というかんじの現在です^^;


 

 
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply