化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

ビタミンB類が足りない化学物質過敏症

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


いつかこの件はまとめようとしていて
勉強すればする程広範囲になってしまって^^;


忘れないうちに書いておきます。

今日は偶然タウリン体内合成に
ビタミンB6が必要という記事をみつけました。


 タウリンの効果〜サプリからタウリンダイエット〜
 タウリン摂取量の目安



疲労時にタウリンが必要ですが
疲労でCSが悪化するので
タウリン不足かと思っていたのですが。。


CS悪化でも疲労しやすくなるので
グルタチオンとタウリンが同じ成分、
システインから合成されることがわかり

システインの奪い合い^^?

になるのかと思っていましたが。。


ビタミンB5(パントテン酸)と
ビタミンB2が関係しているそうで。。

パントテン酸投与で体内グルタチオン濃度上昇
ビタミンB2から誘導されるFADは、グルタチオン還元酵素の補酵素


と、下記のリンクにあります。


 ビタミン



その他、
ビタミンB類のどれかが糖質とりすぎでなくなるとか
ビタミンB類のどれかをたべちゃう腸内細菌とか
その腸内細菌は白砂糖が好きとか

いろいろ広範囲になってきて@0@


今日はこれまでー


とにかくビタミンB類は大事ということと
CS患者はなぜか失いやすいかもということです^^;



 






スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply