化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビヒ治療の経過 〜最初から その1〜

皮膚疾患
  • comment0
  • trackback0

トビヒの治療経過を書いておきます。

同じCSのお友達がもしかしたら
同じくトビヒかも?なので>。<。


最初はオチリにできました>。<;

ダンナちゃんのトビヒがお風呂で感染。

この時はリンゴ酢で治りました。


次は左足の甲に
虫さされ部分から発症。

トビヒの菌は僅かな傷口から侵入します。


この時はオチリのものと同じとは思わなかったです^^;

なのでどうしたら良いかわからず
リンゴ酢も使わず>。<;


なぜかというと
治りながら足を北上しはじめたんです。

だから正直増えるまで気にしてませんでした。


今思えばですが

誰でも黄色ブドウ球菌とその他の表皮常在菌を
持っているので
菌のバランスが保たれていたり
自分の酵素などで退治できる能力があれば

お風呂などで大量の黄色ブドウ球菌にまみれても
その能力が強ければ傷口からでもうつらないのでしょうし


それら能力のないお子さんや
免疫力が落ちたご老人や
CSが原因で能力のなくなったわたしたちのような者は
簡単にうつってしまうのでしょうけど

このときはまだ
自然治癒能力があったのか

直径2cmくらいのエリアで
赤いプツプツがカイカイでしたが
同じ大きさのまま
治りながらトビヒは移動していきました。


今でも


トビヒはわたしのハーブ治療で
殺菌されると
生き延びようと隣の皮膚へ移動しています>。<;


今現在のお話はまたの機会に^^、


足の甲から北上して
足首に移った頃、

この時は真冬だったので
保湿すればなおるかなーなんて
ラップしちゃったんですよね、、

確かに治るのも早くなったのですが
移動が早くなったような??

だんだんエリアも大きくなって
怪しんだ頃、、

春、急に温かくなってしまい
ラップ一面汗でぶわっと広がって>。<。

130501-1.jpg


はじめてトビヒを疑いました。

汗でトビヒは広がるからです。

トビヒの原因は黄色ブドウ球菌と仮定しました。

黄色ブドウ球菌は
汗のアルカリ性が好きで広がるんです。


表皮常在菌がちゃんとあれば
皮膚は酸性に傾くので
黄色ブドウ球菌は住みづらくなります。


そして運悪く
このとき歯磨き粉が使えない時で
お風呂で指磨きをしていたのです。

すると傷ついた指の皮から
黄色ブドウ球菌感染>。<;

指までやられました;0;

130501-2.jpg


今思えばこんなの序の口でしたね^^;

後半、妖怪人間くらいの皮膚になります>。<。


続きは今度^^


先は長いけどゆっくり書きます!



スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。