化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビヒ治療の経過 〜現在進捗☆酸化亜鉛とティーツリーオイル〜

皮膚疾患
  • comment0
  • trackback0

同じ病気のてまちゃんへ☆

わたしの現在の
トビヒのハーブ治療は手間がかかりすぎるので
もっと簡単にできれば☆
他の方も使えるかもとあれこれ手をだしてみました^^


たどり着いたのが酸化亜鉛です^^p

どうせなら微粒子がよかね?
と微粒子にしてみました。


 楽天 ぴのあ 超微粒子酸化亜鉛


酸化亜鉛はアトピーの方やトビヒの方に
皮膚科で処方されていますから
マチガイナイ☆かもと期待して使いはじめました^^

皮膚科で出している酸化亜鉛軟膏でもよいのですが
ウワサでは軟膏にするため使っている油が
とーても臭うらしく

わたしは同じく皮膚科でも処方されている
オリーブオイルと
(わたしは食用エキストラバージンオイル)
オリーブオイルだけだとサラサラしすぎなので
皮膚科では出されていない未精製シアバター
(↑粘性あるので肌にとどまりやすい)
同じく皮膚科では出されていない
ヒバ油とティーツリーのエッセンシャルオイル
(↑黄色ブドウ球菌に殺菌作用あり)
黄色ブドウ球菌が苦手なリンゴ酢
そしてマイドのニンニク
(↑黄色ブドウ球菌にめっちゃ殺菌作用あり)
で☆挑戦が始まりました^^

あ、皮膚の再生を早くするアラントインもおすすめです!
(粉末売ってます。同じくぴのあさんで!)

酸化亜鉛もアラントインも無臭だから安心してね^^


商品のリンクを貼る体力が今ないので
すみませんです>。<;


ぱっとみるとまだまだ手間ですが
これ以上簡易化すると
わたしの場合免疫力が全くないに等しいので
これ以上は減らせないのです^^;

トビヒをほっておいても
ヨウという大きな穴が皮膚に開かないかたなら
ニンニクなしでもいけそうな気がしています^^


いつかまたニンニクについて
詳しく書くべきですが

その殺菌効果はものすごいです。

ニンニク成分のアリシンとアホエンという成分が
殺菌作用があるそうですが

アリシンはすりおろし直後に発生するけど
不安定な物質。

アリシンが油に混ざるとアホエンになるのかな?
で安定な物質。

アリシンとアホエンは
同等の殺菌効果との記載をみつけましたが
アホエン狙いで油にまぜてから塗った場合
殺菌効果は低くなりました。

多分ですが
アリシンの方が低分子なので
皮膚への浸透がよい=皮膚深い感染に効果がある

というかんじではないでしょうか?

わたしの場合は皮膚深く感染してしまっているので
表面的な殺菌だけですと
菌が広範囲に広がるのを抑えるくらいの
抗菌効果しかないようです。


そういう面では
酸化亜鉛も同じで皮膚表面にしか
効果はなさそうです。

なので深く感染していない
軽症な方には効果あるのではと思っています^^


まずはわたしの手方法から書きます。


*皮膚に大きな穴が開いていて
 ぐじゅぐじゅ面には油類は禁物です。
 再生ができないままになります。
 この場合はアラントイン粉末と酸化亜鉛粉末のみ
 刷り込むと皮膚再生が早いです。


①皮膚をなめらかにするため
 お手製化粧水を肌になじませる。
 (↑ルイボスティーにローズマリ−と
  ペパーミントとビタミンC入れたもの)
 (飲んでもおいしい^0^)

②リンゴ酢をさっと塗る
 (菌がいなくなるとしみなくなって来る)

③ニンニク粒を軽く擦り下ろした断面を
 肌に塗り付ける。
 すりおろしたものを塗るとボロボロ肌に残るので
 ニンニク粒の断面をこすりつけるかんじです。
 擦ったときにアリシンが発生するので
 ちょっと擦っては断面を肌にこすりつけるのくり返しです。

④それでも肌にニンニクが残るので
 ニンニクがパリパリ乾いたらお手製化粧水で
 ほどほど取り除き肌を保湿する。

⑤未精製シアバターにオリーブオイルと
 ヒバ油、ティーツリーエッセンシャルオイル
 アラントイン、酸化亜鉛を混ぜたものを塗る。

⑥ひどい箇所には
 アラントイン粉末と酸化亜鉛粉末を
 さらに刷り込む。
 (けっこうべたつきます)

⑦衣類につかないよう
 ガーゼで覆って伸縮性のある包帯でまきます。
 (冬は締め付けると乾燥してそこから菌が入るので
  あまり締め付けないことをお勧めします)
 衣類についても良い場合は
 ガーゼも包帯もしないでいます。
 

以上です^^


以前はローズマリ−やペパーミントなど
粉末にしてペーストにしたものを塗っていたのですが

ティーツリーと酸化亜鉛に期待して
今は当時よりかなり楽な治療です^^

下記にも書いていますが
冬であるとサプリの効果もあってか
今はこれでなんとかなっている気がしています。
(後日どうなったかまた記事にします。)


ちなみにニンニクに抵抗ない方は
うちのダンナちゃんの治療がおすすめかもです。

*ニンニクの成分は皮膚に大きな穴があいた場所
 カイヨウ?ってうのかな?
 には使用しないでください。
 単に激痛になるばかりでなく(殺菌はしてくれますが)
 血小板凝固を阻害するせいか
 皮膚の再生ができなくなります。

 うちのダンナちゃんや
 てまちゃんの王子くんぐらいなら平気ですが、、


①お風呂にコップ1杯のリンゴ酢入れて入る。

②上記と同じようにニンニクを肌に塗る。

③オリーブオイルで保湿する。


です。

一番簡単です^^


あとは個人差で流失しやすい
ビタミンB類のサプリをとると良いようです。

ダンナちゃんはビタミンB類飲んでから
みるみる良くなった気がします。
(ビタミンB類は酵素をつくったり肌にも必要な成分です)

同世代より疲れやすいかもと思われた方には
よりビタミンB類はお勧めです^^p

あと、亜鉛のサプリも肌によいです。

わたしが今割りとトビヒが落ち着いているのは
冬なので汗で感染が広がらないのと
ビタミンB類と亜鉛、鉄のサプリを飲みはじめたからかも?です。
鉄も何げに必要なようです。。
(今貧血でないのに。。酵素不足のあたし>。<;
       鉄も酵素の元なのでそのせいかも)


ニンニクに抵抗ある方には
酸化亜鉛のみで挑戦もよいかもです。
(できればティーツリーと
 アラントインも入れた方が良いかもですが)


お手製酸化亜鉛軟膏の作り方を
今度書きますね、
今日はこれまでー>。<:

ごめんねー、、、


なにはともあれ?
トライしてみようと思う方は
まずは小さなエリアでお試しするのが良いかもです。

ダンナちゃんは
片手だけニンニクトライして
片手だけかゆみがなくなって翌日肌がつるつるになっていたので
全身使うことになったのです。

合う合わない
本当にトビヒか否かがあるので>。<;

挑戦される方は小さなエリアでお試しくださいー


風邪もあって頭クラクラ@0@

ちゃんと書けてるか不安ですー>。<:














スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。