化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

風邪と酵素と化学物質過敏症 〜かなりの憶測^^;〜

病気
  • comment0
  • trackback0

お正月早々風邪をひいています>。<;

風邪薬はもちろん飲んでいなくて^^;

ペパーミントとローズマリーのドライリーフを
ハンカチでくるんでマスクに^^

ついでにティーツリーのエッセンシャルオイル1滴☆


過去、何種か
エッセンシャルオイルにトライしてきましたが

酸化しやすいものは物質が変化してしまい
吐き気や体調不良の元となりました。

ティーツリーは大量に使わなければ大丈夫です^^

副交感神経作用があるので
単独で使うとリバウンドします@0@;
(いつかまた詳しくかきますー)


昨日良くなりかけたので
上記ハーブなしで暮らしてみたら
夜中咳が、、@0@;

ハーブマスクしていれば
咳き込まないので
しばらく続けないとです>。<;
(当初気管支喘息にまでなったのーが
 ハーブマスクでよくなったんですよー)


そんな中
オキシドールでガサガサになった指先が
急に回復しはじめました。

何をしても回復しなかったのに>。<;


トビヒでえぐれめぐれになった
皮膚の穴も急に塞ぎはじめてー

前の記載の治療法のおかげもあるかもですが

風邪で以前も肌がキレイになったことがあるので
ネットで検索するとチラホラ同じ意見がみられました。


わたしの憶測でしかないのですがー

風邪によって体内で殺菌の指令がくだされて
白血球など正常に戻そうとするパワーが
身体中すみずみに行き渡って
肌もキレイになるのでは?>。<?

とかなんとか漠然と思っています^^;


最近勉強しないといけないことが多すぎて
記事にできないまま
勉強してから載せようとすると
いつまでも記事にできないので
曖昧なままでも書いちゃいますね^^;


確か白血球が機能するには
酵素が必要でその酵素は亜鉛が必要だった気がします。
(うろおぼえ^^;)

亜鉛は肌に必要な物質とも言われていて
亜鉛単独で必要なのか
亜鉛からなる酵素が必要なのか不明ですが
なんとなく酵素が関係している気がしています。


風邪で鼻がオバカになるのも
もしやのもしやです^^?

鼻がマヒするのではなく
白血球など細菌をやっつける成分が増加するので
それに伴い酵素も増えて

薬物代謝酵素のたぐいも同じく増えるのでは?

と思っています。


化学物質過敏症の方がニオイに敏感なのは
ニオイの成分を即座に代謝できないからでは?
と薬物代謝酵素を勉強しはじめて思っていたので

その事を考えると
ニオイに鈍感なのは代謝酵素が豊富にあるからでは?
と素直に考えて良い気がしています^^


ここ10年ほど
鼻水や耳あかなどが少ないというかナイ!
状態であったのですが
それがビタミンBのサプリや亜鉛類を飲みはじめてから
急に増えて来たんです!^^


バッチイものではなく
体内に菌が侵入しないよう
必要なものなんだと私は思います^^p

菌と戦った証ですよね^^


おまけに菌と戦う白血球には酵素が必要となると
酵素がいかに大事かがわかります。

逆に言えば
白血球数が正常でも酵素がなければ健康でない
菌をやっつけられない
ということです。


化学物質過敏症の方に少ない
薬物代謝酵素。

とうとう皮膚も菌をやっつけられないほどに
酵素がなくなったわたし^^;
(トビヒのことね☆)


風邪で鼻水大量で
ニオイに鈍感になっているのは

反応の早いグルタチオンも
口や粘膜に含まれているとどこかで読んだので
グルタチオンを飲み続けているからかもしれませんし

その他鉄や亜鉛が核となる酵素のおかげかもしれません。


今後勉強して行く予定です^^p


トビヒの主人は
確かにアセトアルデヒド代謝酵素が少ない方ではありますが
化学物質過敏症ではないので

肌に出やすい体質=遺伝
肌に出にくい体質

個人差があることもふまえておかないとです^^


全員が同じ体質と考えて基準を設け
病気を考えるのは今の西洋医学です。

遺伝子はみんな違います。


その辺りが今後の医療に必要なテーマだと思います^^


酵素の個人差


これまた大事だとおもいますー^^/







スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply