化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒とタバコによるアセトアルデヒドの代謝について

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0

今TBSを見ていたらー

飲酒によるアセトアルデヒドの代謝をできない人は
日本人は遺伝で30%の人が代謝できないと
コメンデーターの方がおっしゃってました>。<!
*異国の方は代謝酵素がない人はいないそうです。

これは薬物代謝酵素の考え方ですが
わたしが勉強しだしてから
この考え方を取り上げたのは
はじめてテレビで見ました!


アルコールの代謝酵素ではなく
アルコール分解後にできる
人体に有害なアセトアルデヒドの代謝についてです。

わたしもアルコールの代謝はできて
アセトアルデヒドの代謝ができないと
最近ちょうど気づいたところなんです>。<;

*ちなみにうちのダンナちゃんは
 アセトアルデヒドの代謝酵素が少ない^^;
 遺伝的にない人と少ない人がいるんですよー

テレビによれば
アセトアルデヒドの代謝ができない人は
食道がんになりやすいそうです;0;


そして!なんと!タバコにも!
アセトアルデヒドが含まれているそうでT−T

まだまだあたしは勉強不足です>。<;


タバコで体調悪くなる方は
ニコチンの代謝ができない20%ではなくー
アセトアルデヒドの代謝ができない30%

もしくはその両方かもしれませんね>。<!


もっとつっこんで勉強しないとですが
今は糖代謝について勉強しないとなので
しばしお時間くださいですー>。<☆






スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。