化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

薬物代謝酵素 〜CYP3A4の促進・阻害作用のある食べ物〜

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


こんがらがってきたので
思い切って手当たり次第まとめておきます^^;


<促進・亢進・増加させる食べ物>


 ●セントジョーンズワート

  参考:ハーブ&スパイスの力

  CYP2B6、CYP2C9、CYP2C19、CYP2E1も誘導

  *体験談*

   わたしはセロトニン足りているのに
   飲んでしまい
   セロトニン症候群になったもようで
   二度と飲まないと決心;0;

   通院後の症状次第では飲んでみようか検討中。


 ●ニンニク?

 *以前こちらを参考にして
  ニンニクは阻害効果と書きましたが
  他では促進効果ありと書かれていました。

  参考1:治癒力を引き出す がん漢方講座 第12話 抗がん剤治療中のハーブ・漢方薬の注意点

  参考2:いわゆる健康食品と医薬品との相互作用

  *体験談*

   わたしはニンニク大好きなので
   そのせいで3A4は少なくなったかと思っていましたが
   足りないから好きっていうこともありえますね^^

   じつはよくわかっていないようなので
   (抑制効果もあるという結果もあるそうです)

   今日からはあまり心配しないで
   ほどほどに食べてみます^^;

  *CYP2Eは阻害

   参考:ハーブ&スパイスの力


 ●エキナセア

  参考:ハーブ&スパイスの力

  *体験談*

   とは言っても服用したことないに等しいので
   どうなるか試したいところです^^

   SクリニックのM先生談では

    CS患者は免疫力が強い!
    風邪も引かない?

   とのことですが

   確かにわたしもCS症状が軽い頃
   グルタチオンは今よりあったのかも?
   なんて思える頃は確かに風邪めったにひかなかったです。

   でも。。最近は。。

   風邪はすぐもらうし、水虫に膀胱炎
   トビヒという感染症のオンパレード@0@

   水虫、膀胱炎はリンゴ酢で治せますが
   トビヒとはいまだに闘い中^^;

   免疫力ってなんだろう?

   トビヒやアトピーの方だって白血球は正常値ですもんね?

   酵素が殺菌もしているので
   酵素の不足だと最近わたしは思えてなりません。。


   

<抑制・阻害・減少させる食べ物>


 ●デビルズクロウ

  参考:第4章 骨・関節疾患 4―A 変形性関節症 7pg

  その他CYP2C9、CYP2C19も阻害


 ●キャッツクロー

  参考:第4章 骨・関節疾患 4―A 変形性関節症 18pg


 ●フェンネル

  参考:サプマートU.S.A 古来から世界中で用いられてきた『フェンネル』

 
 ●イチョウ葉

  参考:ハーブ&スパイスの力

  CYP2C19も阻害


 ●合成カロテン(カロチン)

  参考:ハーブティー薬草データーベース

  β-カロテンにはシス型とオールトランス型があり、
  合成品は全てオールトランス型、
  天然品はシス型とオールトランス型両方が含まれる。
  素材によってその割合が異なる。
  
  参考:ビタミネ



 ●チャ(茶)

  参考:ハーブティー薬草データーベース

  多分緑茶かな?
  CYP3A4*1B、CYP3A4*10(遺伝子多型)
  を持つ方=CYP3A4が少ない方、ない方
  のことだと思うのですが。。
  あくまで勉強中で推測の域ですが
  多分CYP3A4が少ないかないかなのに
  茶が阻害してしまい薬物濃度上昇したと
  思いますが。。^^; 
 

  *体験談*

   お茶飲ん車酔い悪化したことあるので
   阻害すると思われますし
   わたしも3A4は少なそう。
   3A4が少ない、ない=遺伝多型を持つ
   というそうです。
   この酵素の多型は稀だそうで
   今回わたしが遺伝子検査をお願いした

     おくすり体質検査

   では検査対象外でザンネンです;ー;

   また体調の良い時ですが
   飲めるお茶もあるので。。
   残留農薬のせいかダイオキシンのせいか
   という疑問も残っています。
   今度調べてみます^^、

 

 ●モリンガ(ワサビノキ)

  参考:ハーブティー薬草データーベース


 ●グレープフルーツ

  参考:医薬品とグレープフルーツジュースの相互作用


 ●その他

  黒胡椒、白胡椒、シナモン、メース、ナツメグなどは
  シトクロムP450(CYP3A4)またはCYP2C9を
  阻害する成分を含む[2]が、
  医学的な研究は不十分である。

  とwikiに記載されています。



まだまだ調べて更新していきます。





スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply