化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

薬物代謝酵素 〜CYP3A4の遺伝子多型〜

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


CYP3A4はどのCYPよりも
多くの薬物代謝に関わるそうです。

 薬物代謝学 第3版 52〜53pg

 
薬物代謝学―医療薬学・医薬品開発の基礎として薬物代謝学―医療薬学・医薬品開発の基礎として
(2010/01)
加藤 隆一、 他

商品詳細を見る


によりますとー


10種のCYPのうち
人の肝臓でCYP3A4が代謝する割合は


 なんと! 30.2%


薬物の(酸化して代謝)する酵素の割合は

8種のCYPのうち


 なんと! 約50%


というようなー


なくてはならないCYP3A4^^


なかったり
足りなかったら困る


CYP3A4☆


そのせいか今のところ
あるのが当たり前の前提で
検査してくれる機関がないのです;0;


ない、足りないというより

CYP3A4の遺伝子多型(代謝しにくい遺伝子)
を持つというのが正解のようです^^、


ですから☆


CYP3A4の遺伝子多型が存在するのか否かですが

特許索引でこんなのみつけました。


 薬剤代謝へ影響を及ぼすCYP3A4遺伝子多型、およびその利用


 34種の確立された日本人由来の細胞株を用い、
 CYP3A4遺伝子の3種の非同義一塩基多型
 (T185S、L293PおよびT363M)を発見した。
 さらに、T185S変異型CYP3A4は、野生型CYP3A4と比べ、
 テストステロンを水酸化する活性が低下していることを見出した。
 従って、T185SをもたらすCYP3A4遺伝子の
 多型を指標とすることで薬物代謝活性の検査が可能となった。
 また、CYP3A4により薬物が代謝されない場合、
 該薬物による副作用が出現しやすいと考えられる。
 よって、上記検査により該薬物による副作用の予測が
 可能になるものと大いに期待される。



とのことです。。

つまり、日本人にCYP3A4の遺伝子多型は
存在するって言うことです。。
そしてこの多型の人は副作用が出やすい。。;0;


わたしは喘息の吸入ステロイドと
抗ヒスタミン薬、漢方薬が
このCYP3A4に関わってる気がしています。

どれも副作用が出て^^;


検査してくれないかなあ〜

この特許、平成16年のなんですが。。^^;













スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply