化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロトニンがキーワード!?

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


薬物代謝酵素の第3相
トランスポーターまでが関与してるギワクちゅうで
まとめていたのですがまとめきれていないのです。。


体調悪くて>。<。


忘れそうなのでメモがてら
殴り書きで書いておきます。


アセトアルデヒド脱水酵素は遺伝的に問題なく
代謝酵素は体内でつくれるはず。



しかし実際はアルコールでアレルギーや
頭痛、吐き気



では、
アセトアルデヒドではなく
アルコールで症状が起きているのでは?



可能性あり。
アルコール飲酒後のアセトアルデヒドが代謝出来ない人は
皮膚が数分で赤くなる
わたしは1日以降に皮膚ぶつぶつ。



アルコールが代謝しにくい人
 =アルコール脱水酵素が遺伝子的に問題あり。



その場合、
アルコールからアセトアルデヒドに代謝するまで
ものすごーく時間かかり
アルコールが体内に長くのこってしまう。



アルコールが症状を引き起こすのは
セロトニン。
頭痛など発症。
過剰になれば死んでしまうセロトニン症候群にも。



アルコールが体内に長く残るからなのか?
即効性の頭痛はセロトニントランスポーター
(薬物代謝第3相)では?



アルコール脱水酵素もおかしくて
セロトニントランスポーターもおかしいなら
CSの症状ナットク。



セロトニントランスポーターに
遺伝子多型あり。
(遺伝子的におかしい人がいる実例ありのよう)

 後半のセロトニン受容体のところを見てみてね。



セロトニンに関わるものが
実際苦手。
(ラベンダー、ジャスミンなどの香り)
(それらは合成香料に使われる同等成分を含んでいる)



セロトニンは仮性アレルギーを引き起こす。

蕎麦、パイナップルなど。。?



そういえば
アルコールにふれていることが多かった時期
蕎麦とパイナップル、
ゴム(ラテックス)のアレルギーになった!



ラテックスアレルギーはセロトニンと関係なし



ラテックスアレルギーと蕎麦、パイナップルは
共通抗原ギワク。




この流れ、
かなり、わたしの症状とつじつまがあうので
セロトニントランスポーターとアルコール脱水酵素が
遺伝的におかしい可能性あるかも。



ついでに
アセチルコリンのトランスポーターもみつけた。。
これも殺虫剤に弱い→筋無力症にかんけいあるかもー


というかんじで勉強がおいつきません。。

ですがお知らせ^^


遺伝子検査してくださった方や
メールでご相談中の先生にも
このあたりお伝えしたいのですが

今、ホットメールが使えない状態です。

お返事、ご連絡いただいてましたら
本当に申し訳ないです。


使えるようになり次第。
もっと勉強が進んで来たら?
またご連絡いたします。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回と最近いろいろ参考にした検索結果など

 アセトアルデヒド脱水酵素2型はミトコンドリア。。。


 グルタチオン非異存型ホルムアルデヒド脱水素酵素の 補酵素認識機構(まだ読めてない)


 CYP3A4が代謝に関わる医薬品


 CYP3A4の遺伝子多型


 アブラナ科とCYP


 ABCトランスポーターとATP=ミトコンドリア(まだ勉強してない)

 ↑これがダメだとビタミン、ミネラル、糖、薬物の
 代謝、利用がおかしくなるそうなので
 これも関連あるかも。
 ビタミン、ミネラルが健常者さんより異常に必要なわたし。
 (同じくCSのみなさんもよね。。)
 糖の代謝もおかしいし。もちろん薬物の代謝もおかしい。


 セロトニン、その他トランスポーター(今回の記事で重要なトコです)


 ABCトランスポーターの論文(全く読めてない)


 セロトニンは仮性アレルゲン(もっと勉強しないと)


 仮性アレルゲン・アレルギー誘発食品(今回の記事に重要!全部読めてない;0;)


 ラテックスアレルギーと蕎麦、パイナップル(今回の記事に重要なのに流し読みです;0;)


 食物中の仮性アレルゲン




















スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。