化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルタチオンの促進・活性ハーブ

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


愛猫モップは目がつぶれて手術したばかり
弟は明後日
悪性腫瘍の手術で落ち着かないのですが、、


忘れそうなので書いておきます。


わたしたちCSに足りないグルタチオンを
ハーブで促進・活性するという〜誘導剤で
特許出願しているのをみつけました。


 グルタチオンSトランスフェラーゼ活性誘導剤


ガン、悪性腫瘍、腫瘍、筋腫


も!


グルタチオン不足が原因と言われているようで。。


わたしも母も筋腫。

弟は悪性腫瘍。。


遺伝的にグルタチオンが足りないのかもですね。
(遺伝子多型があるようなので)


なので調べていてたどり着いた特許です。


ローズマリー、ラベンダー、ミント、オレガノなどが
よいようです。


詳しくは読んでみてください^^、


なぜ良いのかについては書いてないです。
実験で効果が得られてだけのようです。


憶測ですが
エッセンシャルオイルの世界ですと


 リモネンがグルタチオンを促進する


と言われています。


まだ勉強不足なのですが
どれもリモネン入ってるようにみえます。
(ちがってたらごめんね、
 また勉強してから書き直します、)


d- l- ラセミ体 か

どの構造か不明ですが

確かラベンダーは d-
ミントは l−

だったはず。。


どのリモネンでも効果あるってことかな^^?


だけど

精油、エッセンシャルオイルの世界でも
リモネンがどうなってどうー
グルタチオンを促進するのか不明なのです。

リケジョとしてはNG!です>。<;


はっきりしてちょんまげ〜>。<;


他、勉強することあるのでこの辺で@0@;


頭から煙でそう〜>。<、、


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。