化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルタチオンの検査をしている機関は研究所のみ>。<;

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


今日は勉強が進まないな>。<;


私たち化学物質過敏症患者に

足りない。。もしくは枯渇していると言われている


グルタチオン。。


グルタチオン言いましても>。<☆


補酵素がないのか
触媒が足りないのか

関わるその他の酵素が足りないのか、、


いろいろあるわけですが、


だいたい一通りの
検査キットは売られています。


 グルタチオン検査キット


↑これはグルタチオンの抱合反応に必要な触媒。

一番したの表にグルタチオン関連の
検査キットがあります。


こちらに問い合わせましたところ。。


 ①採血を自分でしてサンプルをお送りいただけるなら
  検査可能。
  (あたちは素人、無理ー>。<。)

 ②1項目10万以上(サンプル(人数)があると割安☆)

 ③現状、大学、病院、製薬会社
  が購入している(検査している)

 ④いずれも研究目的で利用され、
  一般の方を検査していない。

 ⑤その研究機関(大学、病院、製薬会社)は
  お教えすることは不可能です。
  (そりゃそうだね^^;情報漏洩になっちゃう、、)


と、いうことです、、


つまり、、


わたしが病院やクリニックで
検査しているトコ探していましたが

検査しているところは皆無!


だそうです。。;0;


どうしても検査してくれる機関をみつけたいならば
ネットで検索して研究機関をみつけて
お願いしてみるしかない。。>。<。


まだまだ先が思いやられますー@0@


*アイスバケツチャレンジで
 考えさせられて☆

 わたしもCSの広報がんばろうと!
 エコのブログの方にリンクしたよー

 これだけではダメだと思うけど^^;

 CSの場合は
 まずお医者さんに広報しないとだしね、、



スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。