化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

栄養療法の病院で^^;

病気
  • comment0
  • trackback0


東京の栄養量法のとある病院に☆


高濃度ビタミンCの点滴をしているので
グルタチオンが不足している人に
高濃度ビタミンC点滴していいのか聞いてみたよ☆


なぜかというと


還元型グルタチオンが少なくなる
グルコースー6ーリン酸脱水酵素が少ない人は
高濃度ビタミンCを注射してはいけないのです。

では

その酵素が問題ではなく

何かしらの理由で
還元型グルタチオンが少ない人は
高濃度ビタミンCを点滴していいのか聞いたのー


そしたら。。


 15分12000円のカウンセリングで
 聞いてもらえますか?


え>。<?


 高濃度ビタミンCを点滴することが
 前提なので。


え>。<?


 ですから、
 はじめからグルタチオンが少ない人が
 点滴していいとわかっているなら行きますし
 はじめから点滴したらダメなら
 行かないだけなんですが。。


って言っても。


チンプンカンプンなこといってるのー@0@


 では
 お医者さまの一般常識として
 グルタチオン不足の人が
 高濃度ビタミンCを点滴してよいのですか?


と聞き直したよ☆


それでも。。


 15分12000円のカウンセリングで
 お答えします。。


ですと>。<☆


おかしくないー>。<?


ということで


この間行ってみた
別の栄養量法の先生に聞いてみます。。

でも

この先生が

そのおかしな病院の先生の弟子なのでした^^;


どないー>。<;


これではいつまでたっても
化学物質過敏症の研究が進まないわけだ^0^;


とりあえず


グルコースー6ーリン酸脱水酵素も調べたかったので
高額出費ですがトライするのも。。


他の病院さがしてからにしよー^^;


またね^^/、、






スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply