化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸癌ワクチンの副作用と病気に。。

病気
  • comment0
  • trackback0


先ほどテレビで見た、
子宮頸癌ワクチン後の疾患。。

化学物質過敏症と同じく
気のせい、心の病気と
よくわからないものはとりあえず
精神疾患にしとこうとする今の医学>。<;


それはわからないだけで
精神疾患ときめつけるなー!!>0<!!


ですね、


わたしも精神科に回されて


 精神科で精神疾患でない!


って診断されて。


でもそれは大学病院の精神科と
良いクリニックでの診断で


小さな怪しいクリニックでは
ホイホイ薬だけだして治らない。。


なにせ眠れない理由が(あとからわかった話☆)
化学物質による気管支炎だったのに
(そんなこともみつけられない今の医学って>。<:)

睡眠導入剤やデパスですよ^0^”


効く分けないよね^0^”


という状態でしたから


ヒトゴトでないのです>。<!


突然気を失ったり
歩行困難
しびれ
記憶障害。。


などがあるようですね、


どれも自己免疫系の疾患に似ていたり
わたしが最近気になっている
アルミニウム過多の気もしないではないのです。


なので調べてみたら


 子宮頸癌ワクチンに
 アルミニウムが。。。



という記事をみつけました。


ワクチン自身も毒を抑えた菌のタンパクなど
入っていますから
それらが自己免疫疾患の
引き金になっているのかもしれませんし

さらにアルミも。。なのか


どちらのせいなのか
どちらもなのか
わかりかねますが


自己免疫疾患の重症筋無力症も
感染症が引き金になると聞いたことありますし


そのようなことがなにかしら
関わっている気がします。


いずれであっても
わたしたち化学物質過敏症と類似点もあるので
なんとなくグルタチオンが
効果を示してくれそうな気がしました。


神経細胞のグルタチオンが不足すれば
神経細胞は破壊されます。

それが脳なら記憶などに関わったり
筋肉なら筋疾患に。

免疫細胞のグルタチオンが不足すれば
免疫力が下がるかと。。


と、化学物質過敏症の方で調べていたのですが
これらは子宮頸癌のワクチンで病気になられた方にも
同じようなことが言えそうなきがして。


アルミニウム過多であるなら
どちらにしても代謝にグルタチオンが効果あるようですし


グルタチオンは細胞をとにかく守るものですから
摂取して損はない気がします>。<。


このような記事もみつけましたし。。


 子宮けい癌ワクチンの副作用から学ぶ脳神経障害の治療


ほんと、グルタチオンって万能薬ですね、


パーキンソン病に
アルツハイマー
肝疾患に。。眼病に。。


でも効果があると
医学で認められているものは少なくて
(研究してー!!)


保険適用外です>。<。


でも保険適用外でも!


効果あるかもなので。。。>。<。


わたしの化学物質過敏症には
グルタチオンはかなり効果ありました。


横浜の美容クリニックで
2000円程で受けられます。

ただし、上限が決まっていて
1度に200mgまで。。あれ400だったかな>。<。


ほらね、こんなかんじんなことも
忘れるようになっちゃったんですよ;0;

記憶が>。<。


なので書ける時に書こうと
この子宮頸癌ワクチンによる疾患が気になって
書いています。


パーキンソン病にグルタチオンを使っている病院では
上限なしで打ってくれるところもあります。


わたしは戸塚でみつけました。


打ってもらうか検討中です。


みなさんのご近所にも
相談出来るクリニックがありますように。。


です;ー;。



スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。