化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルタチオンを増やす方法!

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


今グルタチオンについて
勉強してまとめていますが、、


とりいそぎ☆


自宅でも
グルタチオンを増やせる方法を考えてみました^^


グルタチオン。


注射してもらえば
効果テキメン☆ですが


自力で外出できないので
月1日が限界>。<。


2、3日で効果切れ@0@!


そこで思いついたのが☆


グルタチオンを体内で合成する際に
必要な成分


 システイン


の摂取です^^


システイン自身が抗酸化物質で
解毒作用もあるので
摂取してそん無し^^!


システインを摂取するには〜


食品からという手もありますが
食品からでは微量にしか摂取できないのです、


栄養学のクリニックにて
病的にある成分の少ない人は
食品のみでは摂取が追いつかないと
言われて。。


実際、多く摂取するには
サプリしかないのですが


サプリも健康な人が
健康を維持するための最低限量が
摂取の目安になっているので


それ以上にとらないといけません@0@


実際、表示より多く摂取して
効果があったあれやこれやがあります〜
(自己責任!)


システインももちろん上限があります。


例えばわたしが飲んでいるハイシーBメイト2ですが


L−システインは1日60mgだけ>。<、、


アメリカ産のサプリだと
1日1500mgも摂取できるものが☆


そこで


アメリカ産のサプリを飲んでみたのですが。。


これ、口にいれていいものなの>0<!?


みたいなニオイで、、


溶媒など不純物が残ってるのか
心配に>。<。


1週間飲んで
確かに効果はありますが


なぜか今まで治っていた
低体温が再発しかけています。
(他の原因かもだけど、)


ちょっとこわいので
ハイシーBメイト2を
割って嗅いでみた^0^!


そしたら僅かに似た香りはするけど
口に入れても問題ないくらいのニオイ^^


味は。。。アメリカ産のシステインと
ほとんど同じでした☆(まずい>。<:)


ということで


もっと多くシステインが入っている


 ハイシーホワイト2


を来年から飲もうと思います^^


本当は


ステアリン酸マグネシウムなど
添加物が入っていないのがよいのだけど


なかなかね、、


アメリカ産のにも結局入ってるし^^;


もっと良いのがあれば..☆


 システインペプチド ワカサプリ


も気になっています。


グルタチオンのことだと思いますが
グルタチオンは医薬品で規制があるので
別名で売ってるのかも>。<?


こんなのもありますー


 ハイチオンエキス


たしか理研でも出していたような。。?

どこかに消えてしまった>。<、、


とにかくです。


システインを飲めば〜


グルタチオンが増えるかもですし
(体内合成酵素に不備がなければ)

システイン自身の解毒効果も期待できます^^


経験上、実際効果も^^


そして


なぜ、人並み以上に
摂取しないといけないのかが問題!


それは


 メチオニン回路


という

体内でのシステイン合成回路(経路)が
うまく働いていない可能性があると
そういう結果に。。>。<。


この回路には
多くの酵素が関わりますが
中には


 ビタミンB6


を補酵素とするものがあります。


なのでビタミンB6も多く摂取するのがお勧めです。
(勉強中なので自己責任でお願いいたしです;ー;)


ハイシーBメイト2にビタミンB6が入っているので
一石二鳥かも^^


ちなみに


このメチオニン回路がうまく回っていない場合
いくつかの酵素不足が考えられますが


とある酵素の不足で


 ホモシステイン


という


人体に有毒な物質が増えて
代謝できなくなることもあるので


そうなると


脳機能障害や血栓、動脈硬化などを
引き起こしやすくなるので。。>。<。


ホモシステインを減らすには
運動も良いようです。


たしかに動ける日は動くと
体調いいです^^


体調いいから動けるのかも?


とも思いますが


動いたアトはやはり体調が良い気がします^^


そんなかんじで
取り急ぎのご報告でした!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


書き終えて最新情報が^^、


ハイシーBメイト2を製造しているタケダさんに
L−システインはどのように作られているか
を、お伺いしていて

折り返しのお電話が^^

他社でプロテインから合成している
L−システインを
購入して錠剤にしているそうです。

精製度は高いとおっしゃっていましたので
(不純物は少ない)


安心して飲めそうです^^



















スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。