化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<症状>還元型グルタチオン800mgの効果

症状
  • comment0
  • trackback0


先日書きましたが
還元型グルタチオン800mgを
ビタメジン(ビタミンB1、B6、B12)
と共に打っていただき

下記のような効果がありました


・タバコに対する即時の反に有効
 (多分、活性酸素源として)
・気管支炎と嗅覚に効果あり
・排気ガスにも有効(多分活性酸素源として)
・タバコ成分や洗剤等化学物質の代謝には
 ほとんど効果なし
・睡眠に効果あり
・塩素系樹脂類
 (車内のビニール系、食品ラップ)に効果なし
・脂漏性皮膚炎に効果あり
・疲労回復効果あり(疲労による活性酸素除去)


あれから4日目、
グルタチオンが切れたようで
下記の症状が再発しました。


 ・脂漏性皮膚炎再発(肩背中周り)
  (頭皮は治まっている?)

 ・タバコの残り香レベルで咳、呼吸困難
  舌のしびれ、覚醒作用でなかなか寝付けず
  代謝を促そうと必死なのか夜中トイレ頻繁
  (いつも嗅いでしまうとトイレの回数増えます)


5日目の今日は
寝不足もあるのか易疲労で
半日寝たきりでした。


前の記事にありますように
糖の摂取も重なったので
グルタチオンの消費が早まったのかもですが


一般的に量にかかわらず
1日点滴しただけでは
1週間も持たないようです。
(排出されてしまうようです)


ですので
毎週の点滴をお勧めするクリニックが多いです。


一人で外出できれば
試してみたいですが
現状厳しいです。

予算的にも問題があります。
(高濃度タチオンは8000円以上かかります)


外出できさえすれば
1回200mgでもいいので
3000円くらいで打ってくれるクリニックで
毎週お願いするのが良いかもしれません。


  
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。