化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

遺伝子検査 〜手塚治虫遺伝子解析プロジェクト〜

病気
  • comment0
  • trackback0

こんな商品が出て来ました。


 手塚治虫遺伝子解析プロジェクト


先日ファンケルさんで
遺伝子検査をしました。

かなりいろいろな事がわかったのですが

*化学物質過敏症に不足していると言われている
 グルタチオンの合成酵素が遺伝子多型でした。
 =活性酸素に弱い
*ミトコンドリアも遺伝子多型で
 コエンザイムQ10不足=電子伝達系が上手く働かない
 =疲れやすい、活性酸素に弱いなど
*活性酸素源は排気ガス、タバコ、飲酒
 薬物、被曝、電磁波などです。

 これらについてもいつかまとめます。


しかし、ファンケルさんでは
ヘテロなのかホモなのか
教えてくださりません、

手塚治虫遺伝子解析プロジェクトでは
ヘテロなのかホモなのか
教えてくださるようなので
今購入しました。

ただ

グルタチオンや
コエンザイム合成酵素が
含まれているのか不明です。


どちらにしても
いろいろ調べたい項目があったので
迷わず購入です。


ファンケルさんの結果もまとめないとですね、
関連項目の勉強も追いついていないので
なかなか進みませんが
がんばりますので気長にお待ちください^^、


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply