化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

<症状> 腎盂腎炎と膀胱炎とクラビットの副作用

症状
  • comment0
  • trackback0


先月の腎盂腎炎と膀胱炎

今朝緑がかった白濁尿が出たので
膀胱炎は治っていないのかもです。


始まりから書いてみます。

・不正出血
・膀胱炎
・足の付け根のリンパの痛み
・膀胱瘤
・病院で診てもらう
 =膿なのか水なのか膀胱脱なのか
  膀胱瘤の原因不明
・膀胱瘤を押し戻すがすぐ出てきてしまう
・腎盂腎炎(押し戻したことで尿逆流で感染?)
・殺菌性強い精油で殺菌
・カルバクロール(オレガノ)服用続ける
 (下記のクラビットを飲むまで)
・クランベリー服用続ける(今も)
・膀胱炎治る
・腎盂腎炎も回復に向かう
・念のため近くの病院で検査
 =熱があるので抗生剤点滴とクラビット処方
・検査結果=菌も白血球もなし
・自分で治せていたので検出なし
 (↑アスクドクターの回答)
 殺菌性の強い精油を塗っていたので
 菌が検出できなかったのでは?
 →医師否定
・しかし足の付け根のリンパは痛み
 今も腫れたまま
・11月6日の乳管内乳頭腫の術前検査で
 1日精油を塗らないでいた
・同日膀胱瘤のMRI検査(結果は12月)
・11月7日膀胱炎再発?
・11月8日(今朝)緑のつぶつぶ感のある白濁尿
 (ネットでは緑膿菌とのこと)


20日が手術予定なので
体力温存のためそれまでは
泌尿器科通院はしないつもりです。

なのでまた殺菌性の強い精油に頼りますが
こんなことを繰り返していいわけはないので
次回の泌尿器科通院前3日は
精油なしで耐えようかと思います。
(そうして菌を見つけてもらわないと
 治療してもらえませんから)

ただクラビットは7日飲み続けていたので
耐性菌になっているか
もともと耐性菌だったのかもしれません。

心配なのは
術後も抗生剤を服用するので
膀胱の菌をやっつける前にやめてしまうと
また耐性菌になることです。

耐性菌はこうして人が作り出したものなので
さらに強い薬を開発してもらわないといけません。

CSの私たちに耐えれるかどうか問題ですね、


クラビットの副作用は

 腸の裂くような痛みと
 腹部膨満
 食欲不振
 不眠
 胸痛
 微熱
 頻尿

だったかと思います。
眠れてないので細かいことは忘れてます。

飲み終えたら副作用はなくなったので
そういう意味では飲んでも大丈夫でした。







スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply