化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

手術に向けて熱があると?

感染症
  • comment0
  • trackback0


手術が明後日なので
熱があっても受けられるか聞いてみました。


 37.5℃以上ですと
 受けれない可能性があります。


とのお返事でした。


理由がわからないので聞いていました。


 37.5℃以上だと
 大分身体がつらくなるからです。
 体力的にも。。


とのことでした。


すでに風邪の高熱なんかよりも
体力消耗の激しい持病ですから
理由になってませんが。。


風邪の方がよほど楽です。


どう解釈すればいいのでしょう。


それよりも
この感染症の原因菌の方が心配です。


前の記事に書きましたように
緑膿菌の可能性があって
抗生剤が効いてないことを考えると
耐性菌の緑膿菌はとてもやっかいなのですが

それが術後の傷に感染しないかどうかです。


かなり強力な抗生剤が必要なのですが
たぶんこのままだと
術後に使う普通の抗生剤でしょうね、。


病院任せでは本当に危険です。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply