化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

最新 化学物質過敏症と薬物代謝酵素と抗酸化物質の関係

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0


過去の論文にもありますように
化学物質過敏症と薬物代謝酵素の関係を
ここで書いてきましたが


 平成17年3月 財団法人 日本公衆衛生協会
 平成16年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究 研究報告書


 ↑こちらは化学物質過敏症と
  グルタチオンーSートランスフェラーゼとの関係


 2014年 熊本大学学術リポジトリ
 QEESIによって定義された化学物質過敏性集団における
 遺伝子多型の評価



という調査論文が出てきました!

他にも薬物代謝酵素との関係を
調べているデータが出てきています。

今は明日の注文住宅ハウスメーカー宛の
文書作成で他は読みきれませんが
とてもうれしく思います。


こちらの調査論文では

 CYP2E1 アルコール
      アセトアルデヒド
      筋弛緩剤
      全身麻酔薬
      アセトアミノフェノン
      アセトン
      トルエン
      ベンゼン などの代謝に関わる酵素酵素

 ALDH2  アセトアルデヒドなど
      アルデヒド類の代謝に関わる酵素酵素

 GST    多くの薬物代謝の第2相の代謝に関わる

 NAT2   抗結核薬など薬物をアセチル抱合し代謝する酵素

 SOD2  活性酸素を無毒化する酵素


を調べていて
化学物質過敏症に関わるのは
SOD2のみとしています。

=化学物質過敏症は活性酸素に弱い
 *わたしのデジタル化してませんが
  相関図にも記されています。


上記2つの評価は分かれますが


GSTの場合
GST自体に問題はなくても
GSTを発現させるための転写因子

Nrf2に異常があれば
GST含め

 GST
 NADHキノン酸化還元酵素
 グルクロン酸転移酵素
 MRP(多剤耐性関連タンパク質)
 グルタミルシステイン合成酵素(グルタチオンの合成酵素)
 グルタチオンペルオキシターゼ
 ペルオキシレドキシン
 チオレドキシン還元酵素
 ヘムオキシナーゼ
 グルコースー6ーリン酸脱水素酵素
 リンゴ酸酵素1
 グルタチオン還元酵素
 カタラーゼ
 SOD


など多くの薬物代謝に関わる酵素と
活性酸素を無毒化する酵素が
発現しなくなりますから

このNrf2転写因子も調べて欲しいところです。


なので相関図をまとめて
年内に各方面に提出予定です。


上記2つの論文のように
評価が分かれ

化学物質過敏症自体も
症状の重さや何の薬剤に弱いか
違いが見られます。


ですので
いずれかの薬物代謝酵素と
いずれかの活性酸素無毒化酵素(抗酸化物質)が不足し
それぞれ評価が違うとも思えてまりません。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply