減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード




下記は

相関図とともに
足りない部分を文章にして
グルタチオン点滴をしてくださっている先生に
提出したものです。

*相関図は膨大でデジタル化も難しいので
 ここではアップしません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*わたし個人の意見です


化学物質過敏症(CS)について

 CS患者の症状は
 薬物代謝酵素や補酵素類、生体内の抗酸化酵素の欠損により
 薬物、化学物質、活性酸素の代謝困難により
 引き起されている。

 既に存在する論文は 
 薬物代謝酵素の1つのGSTについて調査した
  
  平成17年3月 財団法人 日本公衆衛生協会
 平成16年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究 研究報告書
  http://www.env.go.jp/chemi/report/h18-03/full.pdf

 である

 調査対象は9名のみであるので
 今後のさらなる調査が必要と思われる。

 また調査したGST遺伝子3種のうち
 1名が全て正常なCS患者が存在するが
 Nrf2のような
 GSTやその他薬物代謝酵素、抗酸化酵素の発現にかかわる
 転写因子自体に異常がある場合も考えられる。

 Nrf2に異常があれば
 GST含め

 GST
 NADHキノン酸化還元酵素
 グルクロン酸転移酵素
 MRP(多剤耐性関連タンパク質)
 グルタミルシステイン合成酵素(グルタチオンの合成酵素)
 グルタチオンペルオキシターゼ
 ペルオキシレドキシン
 チオレドキシン還元酵素
 ヘムオキシナーゼ
 グルコースー6ーリン酸脱水素酵素
 リンゴ酸酵素1
 グルタチオン還元酵素
 カタラーゼ
 SOD

 など多くの薬物代謝に関わる酵素と
 活性酸素を無毒化する酵素が
 発現しなくなる。

 *この転写因子以外にもABCトランスポーターなど輸送系
  の異常も考えられる。

 私の場合、遺伝子検査にて
 CYP系薬物代謝酵素の一部の遺伝子の欠損と
 グルタチオン合成酵素などの抗酸化酵素類の
 遺伝子が欠損していることがわかっている。
 GSTを個人で検査可能な機関は現状存在しないので
 私自身のGSTの有無は不明である。

 健常者はこれら上記酵素類や転写因子、トランスポーターが正常なため
 これら物質をスムーズに代謝し
 タバコや排気ガスなど外部による活性酸素や
 薬剤代謝による体内で発生する活性酸素の除去ができるので
 症状が起きない。

 ヒト以外の動物、昆虫、植物もこれら酵素は共通のものが多く
 酵素が少ないか多いか、種類が違うかなどによる違いで
 同じ物質でも症状(毒性)があるかないかの差が出る。

 なので昆虫に効いてヒトに効かない薬剤は
 代謝できるかできないかという違いだけの場合が多く
 代謝できないCS患者には昆虫と同じく効いてしまう。

 その他最新の情報は 
 こちら http://kuronekoluna.blog121.fc2.com/blog-entry-261.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekoluna.blog121.fc2.com/tb.php/264-a7e10c8c


Powered by FC2 Blog