化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nrf2転写因子と化学物質過敏症

化学物質過敏症
  • comment0
  • trackback0

体調悪いので駆け足でです .

Nrf2 転写因子によって
活性酸素を無毒化する抗酸化酵素や
解毒にかかわるGSTなどの発現がなされます.

その Nrf2転写遺伝子に問題がある場合や
何かしらの原因で抑制されている場合は?

など勉強していますが

まだまとめ中でブログには詳しく書いていません.

しかし

Nrf2を活性化するのには
ワサビなどのイソチオシアネート類が良いそうで
大根でも良いのかもですが
高濃度で手っ取り早く摂取できるので
本ワサビのパウダーやチューブのワサビを
毎日食事にて摂取しています.


効果はあると思いますが

グルタチオン点滴とビタミンB類の点滴を
3週間以上開けてしまい
さらに今引っ越し準備で昔の衣類の整理をしていて
その界面活性剤のにおいや
防虫剤のせいでしょうか,

吐き気がして体調を崩しています.

わさびでの Nrf2活性化は
グルタチオンやビタミンB類点滴ありきの効果のようです.


そもそもわたしの場合
転写因子を活性化したところで
グルタチオンの合成酵素も遺伝子多型なので
多くは作れず

解毒の補酵素となるNADPHを作るには
ビタミンB類が必要なので
補酵素不足も根本的な問題になります.


病的にビタミンB類が不足していると
(不足というより細胞で利用されにくい)
経口だけでは限界があるようです.

点滴..次は26日です.

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。