減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友が幻覚、幻聴などのある
統合失調症になりかなりの年月が経ちます。

原因不明の下記のような
体力低下が出始めたのですが

 掴まり立ち
 階段は手足でよじ登る


わたしの

糖代謝異常
筋肉硬直
体力低下
免疫力低下

に効果のある


 活性型ビタミンB1のベンフォチアミン


を試しに飲んでいただいたのですが
効果覿面で改善されたという報告をいただきました。

今では近所なら歩けるようになり
階段も普通に昇れると喜んでくれています。

息が上がるのも遅くなってきたそうです。


活性型ビタミンB1は
体力低下の方に誰にでも効果あるので
おすすめしたわけですが
効果が得られて良かったです。

3錠飲んだらB1ならではの
ニンニクくさくなったとのことで

親友は150mgを1日1回飲んでいるそうです。

効果がはっきり体験できたのは1週間後で
その間少しずつ回復に向かったそうです。


わたしはかなりのB1不足のようで
飲んでもニンニクくさくなりません。

なので3錠は必須です。

そういえばニンニク注射ではありませんが
同じくビタミンB1を含むビタメジン点滴しても
ニンニクくさくならないので
異常に不足していると臭わないのでしょうか?


さておき

わたしの場合のB1不足の原因は
なんとなく憶測がついていますが

統合失調症でどうして体力低下が起こるのか
理由はわかりません。

ですがネット上では
統合失調症の方でやはり体力低下が現れたという
記載が多く出ています。


親友は 薬剤性ジスキネジア

があるそうです。


わたしは少し違って
B1不足でジストニア
(パーキンソン病系瀬川病疑い)

がありまして

歩くと硬直していき
5分以上連続歩行が難しいです。


糖質を多く取ってしまった日は
安静時も硬直してしまい

 =筋肉に力が入っている

ので疲れます。


それに類似するのかはわかりませんが

ジスキネジアにB1が効果あったという方も
ネット上ではいらっしゃるので

何か関連があるのかもしれません。


はっきりした原因がわかるとよいのですが。。


ただし
統合失調症自体には
ベンフォチアミンは効果がなかったそうです。


ちなみに親友が飲んでいる薬は


統合失調症=エビリファイ
双極性障害=ラミクタールなど
効果を期待して=ストラテラカプセル
不眠=ラミクタール
   レボトミン
   ブロチゾラムOD錠
吐き気=ブスコパン
    プリンペラン
逆流性食堂炎=オメプラール
胃の保護=マルファ配合内服液
喘息=メプチンエアー
   テオドール
   短期で内服ステロイド
   悪化でネブライザー
      点滴

だそうです。

薬物代謝酵素と抗酸化酵素の異常がある
化学物質過敏症には考えられない薬の量です。

薬物代謝にはCYPという薬物代謝酵素が必要なのですが
その補酵素(これがないと薬物代謝酵素が機能しない)が
NADPHなのですが
それは糖代謝の過程で作られています。
その糖代謝に活性型ビタミンB1が必須なので

薬剤の長期利用やその量の多さで


 NADPH消費→B1消耗→エネルギー不足→体力低下


ということも考えられますね。

B1不足で薬物代謝ができないのでは?
と疑っているわたしの病状とはある意味真逆ですが
とても考えさせられます。


親友が同じ症状の方にお伝えしたいことがあるそうで
追記します。

今まで効かなかった眠剤も
組み合わせと減薬後で
効果が出る場合もあるけれど
勝手な減薬・断薬はおすすめできないそうです。

ストレス性の喘息には
ストレス回避が一番で
点滴などでは効果がなかったそうです。


では。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekoluna.blog121.fc2.com/tb.php/280-73b84bbc


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。