減農薬・無農薬食品


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


全ての記事を表示する


RSSフィード



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久々に2日も仕事をしたせいか、
体調があまりよくないです。
体調を考慮して新しい仕事に就いたんですが。。

喘息の先生から、
以前働いていた週5の仕事はもたないから
やめるように言われてやめました。
今年の4月の事です。
今は週に2、3日働いてよいと言われているのです。
(本当は酸素吸入器を持参すべきなのですが、、)

せっかく素敵な仕事に就けたので、頑張りたいです。
体が持ちますように。。

ところで、わたしが化学物質過敏症&喘息と診断されるまで
8年もかかりました。

それまでの間、誤診されてばかりでした。
喘息については喘鳴がなかったため、仕方ないです。

化学物質過敏症については、
まだ未知の部分も多い病かと思いますので
これも仕方のない事かもしれませんが、
(実は喘息もまだ未知の部分があるようです?)

それにしても、長い月日でした。

その間わたしは、どんなに苦しくても、
お医者さまから、「検査結果は何も悪いところないよ。」とか、
「運動不足じゃないの?」とか、
そんなことばかり言われていたので
自分がまだまだ未熟者なのだと、体育系の部活に入ったりしましたが
よけい体調が悪化して、会社を休まなければならなくなり、悪循環。。

会社を休みがちになると、
会社の人から、気合い語りないだの怠け癖があるだの
言われてしまうので、
どんなにつらくても、ふらふらになりながら出社していました。

駅から通常徒歩15分の会社の道のりを、30分かけて。。

体が鉛のように、重いんです。
息切れに、動悸、夜中の発作(胸痛と呼吸困難)
夜中の発作のせいで、平均睡眠時間が2、3時間。。

どうしようもなくなって、また病院に行くと
お医者さまは迷惑そうに
「あなた、ストレスがあるんじゃないの?」
「心療内科に行ってみたら?」
「今ね、若い女の人にパニック障害が多いんだよね、
 知ってる?パニック障害って?」

など、言われました。 

自分では、なんとなくでしたが、
精神的なものではないと思っていました。
友達と遊んでいて楽しいときでも発作が起こるし、
寝ている間に急に発作が起こるからです。

そんなときに、何に対してパニックを起こすんだろう。。

大概のお医者さまは、そんなわたしの説明なんかに
耳を貸しません。

そして、そんなお医者さまを信用できなくなって、
病院を変えると、

「ああ、よくいるんだよね、
  自分は病気なんじゃないかと思って、
           病院を転々とする人。」


なんて、言われるのでした。

本当にわたしはストレスで
体がこんなにもおかしいのでしょうか?

今日はもう遅い時間なので、
明日、お話の続きをしたいと思います。

睡眠、大事ですからね♪

発作が起こりませんように。。

---------------------------------------------------
誰もがかかる化学物質過敏症 (FOR BEGINNERS SCIENCE) 誰もがかかる化学物質過敏症 (FOR BEGINNERS SCIENCE)
熊谷 さとし、渡辺 雄二 他 (1998/06)
現代書館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekoluna.blog121.fc2.com/tb.php/3-e8b7b663


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。