化学物質過敏症を考える

ARTICLE PAGE

誤診されていませんか?~化学物質過敏症と診断されるまで(4)

病気
  • comment0
  • trackback0
さてさて、唐突ですが
化学物質過敏症は遺伝らしいです。

お母さんから女の子に遺伝すると
お医者さまから聞きました。

そういえば。。
弟は小児喘息でしたが、今は治ってます。
お酒も飲めるし、全く元気!
父親が違う”妹”がわたしと同じ症状です。
(少し複雑な家族ですみません、)
まだ症状軽いようですが。昔のわたしと同じ症状です。

母は全くお酒が飲めません。
アルコールなど
有機溶剤を分解する酵素が少ないのでしょうか?

母の遺伝ですね、、
母に言うとへこみそうだからナイショです。

自分が女の子産んでしまったら。。
ちょっと、コワイです。


それでは、
誤診されていませんか?
 ~化学物質過敏症(3)の続きです。

---------------------------------------------------------
症状:過去から続く症状
   左胸の胸痛、呼吸困難、動悸、喉が詰まる、
   喉の痛み、不眠、頭がぼーっとする、
   視界が狭くなる、体が鉛のように重い。。
   などが悪化。
 *喘息かなあ?と言われたのを思い出し、
  症状が重かったので、行動範囲が狭まり、
  比較的近くの喘息専門クリニックへ。
<喘息専門クリニックて診察>
 ・喘鳴はないが、気管支喘息と診断。
 ・疲労が原因?と、休職を勧められる。
 ・点滴は効果あるが、後に動悸が激しくなるのでNG。
 ・酸素吸入2L/min1時間~2時間で効果あり。
 ・過呼吸時、酸素濃度が上がらないのが問題。
 ・静脈血中酸素濃度80%だが、
  頭部(耳たぶ)での酸素血中濃度が60%。
 ・一般的な喘息ではない。。。と診断。
---------------------------------------------------------
症状:休職して4ヶ月経つにも関わらず
   過去から続く症状が悪化。
   アレルゲンがダニであったことから
   ダニアースを撒いたら、吐き気がし
   過去から続く症状が悪化した。
   (家族の中でわたしだけ吐き気が。。)
   また、蚊取り線香で喘鳴が聞こえるようになり、
   増々喘息が悪化。
 *上記と同病院にて診察 
<喘息専門クリニックにて診察>
 ・化学物質過敏症かどうか、検査をするために
  北里研究所病院に紹介状を書いてもらう。
---------------------------------------------------------
↑お勧めのクリニックです。
 右のお勧めのリンク記載しておきます。
 はっきりした原因がわからなくても
 初診から半年間、
 喘息の症状が出ているので、酸素吸入で
 治療してくれていました。
 そして、それがかなりの効果がありました。
 どんな薬よりも!!
 佐野虎ノ門クリニックの佐野先生!良い先生です!!
---------------------------------------------------------
症状:過去から続く症状が悪化中
 *紹介状を持って、北里研究所病院へ
<環境医学センター化学物質過敏症外来にて診察>
 ・化学物質過敏症と診断
 ・とても親切に相談に乗って頂きました。
---------------------------------------------------------
  遺伝である事を学びました。
  金銭面で空気の綺麗なところで暮らせないので
  対処方法を聞きました。
  ビタミンやミネラルを
  より摂取する事を勧められました。
  サウナや長風呂がよい(デトックス)ということも
  聞きました。
  器官(私の場合は頭と左胸の器官)が酸欠を起こし
  頭の酸欠は一番危険だと聞きました。
  (なので、指にはめて測る
   血中酸素濃度はあてにならないのです。)
  酸素吸入がよいと聞きました。
  (佐野虎ノ門の先生は
   とても良い治療をしてくれていたのです。)
  喘息や、気管支(胸)の痛み
  原因不明の指や背中の激痛、視界が狭い、
  体が鉛のように重い。。など、過去に起きていた症状
  全てが、化学物質過敏症が原因だったことが
  わかりました!!
---------------------------------------------------------
↑お勧めの病院です。
 右のお勧めのリンク記載しておきます。
 (北里研究所病院) 
 診察して頂いた、宮田先生!面白いし、
 よろしくない病院の傲慢なお医者さまとは大違い!!
 「患者さんに学ぶ事が多い。」
 「医学は原因不明の症状から学んで進歩する。」
 とおっしゃってました。
 よろしくないお医者さまは
 「原因不明の症状=心の病い」でしたからね。
---------------------------------------------------------
とても素敵なお医者さま。
宮田先生の書いた本です。↓

化学物質過敏症―忍び寄る現代病の早期発見と治療 化学物質過敏症―忍び寄る現代病の早期発見と治療
宮田 幹夫 (2001/03)
保健同人社

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply